ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ザ・ブルーハーツ30周年記念、特典トリビュート盤に八代亜紀

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ザ・ブルーハーツ30周年記念、特典トリビュート盤に八代亜紀

ザ・ブルーハーツ結成30周年記念ベスト盤プロジェクトの詳細があきらかになった。

2015年2月4日に発売となるメモリアル盤の中身は、まず完全限定生産盤としてメモリアル盤CD2枚にDVDと特典のトリビュート・アルバムが付いた豪華仕様。メルダック盤、ワーナー盤で構成された全36曲のメモリアル盤の選曲は、30周年記念公式twitterで募集中のファンのつぶやきを参考にした人気楽曲が中心の内容となっている。

特典のトリビュート・アルバムは寺岡呼人が監修。THE STARBEMS、奥田民生をはじめとする錚々たるアーティストが名を連ねているが、なんと演歌界から八代亜紀が参戦。しかも歌っているのは1990年発表の4thアルバム『BUST WASTE HIP』から「悲しいうわさ」! なかなかマニアックなチョイスに唸るしかない。どんなアレンジになっているのか聴きものだ。

また、メンバー脱退後ボーカルの峯田和伸一人となった銀杏BOYZは『HIGH KICKS』収録の名曲「TOO MUCH PAIN」を担当。この作品で初の音源収録となる話題のスペシャルユニット、細美武士(the HIATUS)とTOSHI-LOW(BRAHMAN)のthe LOW-ATUSは「青空」、グッドモーニングアメリカは「夕暮れ」を担当するなど、必聴の内容となっている。参加アーティストからの動画コメントも公開されているので早速見てみよう。

さらに完全限定生産盤のみに封入されるDVDには、活動当時ライヴ会場とファンクラブ限定で販売された超レア映像を収録、これが初DVD化。1990年のUSツアーの映像や、ライブ合間のオフショットなどが収録された貴重な内容となっているのでこちらも注目だ。(岡本貴之)

・THE BLUE HEARTS 30周年 特設サイト
http://c.tkma.co.jp/tbh30th/

『THE BLUE HEARTS 30th ANNIVERSARY
ALL TIME MEMORIALS ~SUPER SELECTED SONGS~』
2015年2月4日発売
※価格等詳細は特設サイトまで

■CD(2枚組)+DVD
+特典トリビュートアルバム
 CD・・・メルダック盤18曲、ワーナー盤18曲
 DVD(110分)・・・全シングルプロモーションビデオ集(15曲)+  
【SPECIAL MOVIE】
・MEET THE BLUE HEARTS U.S.A TOUR 1990
・HIGH KICK TOUR VIDEO PAMPHLET  

【通常盤A】
■CD(2枚組)
+特典トリビュートアルバム

【通常盤B】
■CD(2枚組)

【CD収録曲】
メルダック盤
1.1985(自主制作・1985/12/24)
2. 人にやさしく(自主制作・1987/2/25)
3. リンダリンダ(1stシングル・1987/5/1)
4. 君のため(1stアルバム『THE BLUE HEARTS』[1987/5/21]収録曲)
5. 終わらない歌(1stアルバム『THE BLUE HEARTS』[1987/5/21]収録曲)
6. 世界のまん中(1stアルバム『THE BLUE HEARTS』[1987/5/21]収録曲)
7. NO NO NO(1stアルバム『THE BLUE HEARTS』[1987/5/21]収録曲)
8. 少年の詩(1stアルバム『THE BLUE HEARTS』[1987/5/21]収録曲)
9. 未来は僕らの手の中(1stアルバム『THE BLUE HEARTS』[1987/5/21]収録曲)
10. 星をください(2ndアルバム『YOUNG AND PRETTY』[1987/11/21]収録曲)
11. ロクデナシ(2ndアルバム『YOUNG AND PRETTY』[1987/11/21]収録曲)
12. キスしてほしい(トゥー・トゥー・トゥー)(2ndシングル1987/11/21)
13. ブルーハーツのテーマ(自主制作・1988/7/1)
14. TRAIN-TRAIN((3rdシングル・1988/11/23リリース) 
15. 僕の右手(3rdアルバム『TRAIN-TRAIN』[1988/11/23]収録曲)
16. ラブレター(4thシングル・1989/2/21リリース)
17. 電光石火(4thシングルc/w曲・1989/2/21リリース)
18. 青空(5thシングル・1989/6/21リリース)

ワーナー盤
1.情熱の薔薇 (6thシングル・1990/7/25リリース) 
2.イメージ(4thアルバム『BUST WASTE HIP』[1990/9/10]収録曲)
3.首つり台から(7thシングル・1991/4/10リリース) 
4.あの娘にタッチ(8thシングル・1991/11/28リリース) 
5. 皆殺しのメロディ(5thアルバム『HIGH KICKS』[1991/12/21]収録曲)
6. TOO MUCH PAIN(9thシングル・1992/3/10リリース) 
7. 夢(10thシングル・1992/10/25リリース) 
8.すてごま(6thアルバム『STICK OUT』[1993/2/10]収録曲)
9.旅人(11th両A面シングル・1993/2/25リリース) 
10.台風(11th両A面シングル・1993/2/25リリース)
11.月の爆撃機 (6thアルバム『STICK OUT』[1993/2/10]収録曲)
12.1000のバイオリン(12thシングル・1993/5/25リリース)
13.1001のバイオリン(12thシングルc/w曲・1993/5/25リリース)
14.手紙(7thアルバム『DUG OUT』[1993/7/10]収録曲)
15. PARTY(13thシングル・1993/8/25リリース)
16.夕暮れ(14thシングル・1993/10/25リリース)
17.歩く花(7thラスト・アルバム『PAN』[1995/7/10]収録曲)
18. もどっておくれよ(7thラスト・アルバム『PAN』[1995/7/10]収録曲)

■トリビュートアルバム (監修:寺岡呼人)

・八代亜紀 「悲しいうわさ」
・奥田民生   「終わらない歌」 
・THE STARBEMS 「チェインギャング」
・アン・サリー 「手紙」
・the LOW-ATUS 「青空」
・若旦那 「TARIN-TRAIN」
・銀杏BOYZ 「TOO MUCH PAIN」
・グッドモーニングアメリカ 「夕暮れ」
(曲順未定)

ザ・ブルーハーツ30周年記念、特典トリビュート盤に八代亜紀

ザ・ブルーハーツ30周年記念、特典トリビュート盤に八代亜紀

ザ・ブルーハーツ30周年記念、特典トリビュート盤に八代亜紀

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。