ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小型モバイルバッテリーKeychargeはフラッシュメモリ付き

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォンがすっかり社会に浸透し、出先などで充電できるモバイルバッテリー商品は枚挙にいとまがない。容量が大きいもの、充電時間が短いものなど、それぞれに特色がある。

ただ、売れ筋モバイルバッテリーに共通するのは、日常使いのものなので持ち運びやすい大きさであること。このほど登場した「Keycharge」もキーホルダーに付けられる大きさで、しかもフラッシュメモリ付きとなっている。

メモリは16GBと32GB

Keychargeはライターほどの大きさで、重さはわずか28グラム。輪っかがついていて、キーホルダーにもつけられる。電池の容量は1000ミリアンペア。端末のフル充電は無理だが、5.5-6時間の通話を可能にする。

他のバッテリーに見られない機能としては、フラッシュメモリ(16、32GB)が付いていること。なので、充電をしながら端末内のデータをKeychargeに落とすことができる。

USBケーブルも内蔵

また、Keychargeそのものを充電するときに使うUSBケーブルが内蔵されているのも便利だろう。携帯端末につなぐコネクターはライトニング、マイクロUSBから選べる。

ありそうでなかったこのモバイルバッテリー、資金調達サイトIndiegogoで展開しているキャンペーンでは、すでに目標額を超えたので商品化は確実となった。

今なら16GBメモリ付きのタイプが 40ドルの出資で入手でき、発送は来年3月を予定している(米国外へはプラス10ドル)。キャンペーンは1月12日まで。

Keycharge/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP