体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

和洋折衷の鍋料理!? イタリアンにアレンジした「国産牛のとまとすき焼き」

12月11日放送の「めざましテレビ」(フジテレビ系、毎週月~金曜午前5時25分)、「MORE SEVEN」のコーナーでは「大岡副越前がナベゲート“居酒屋チェーン店”編」と題して、リポーターの岡副麻希さんが「土間土間 赤坂店」(東京都港区)を訪れた。

 「土間土間」は全国に205店舗を展開する人気居酒屋チェーン。おすすめはすき焼きをイタリアンにアレンジした「国産牛のとまとすき焼き(1人前)」(980円 税抜き※締めの卵とじきしめん付き)。割り下をベースに牛肉、卵、玉ねぎ、春菊などのほか、バジルやトマト、オリーブオイルを入れた和洋折衷の鍋料理だ。食べ方について店員の山田さんは、「国産牛で玉ねぎとトマトと春菊を巻いて食べていただければ」と勧めた。

 岡副さんは「国産牛のとまとすき焼き」を食して、笑顔で「おいしい」と親指を立て「あっさりしながらも、お肉のうまみがジュワ~っと染み込んでいて幸せな味です」と評した。きしめんに溶き卵を入れて締めると「最高です!」と大満足の様子だった。

■話題のお店に追加取材■

 落ち着いた雰囲気の個室や、あらゆるシーンに対応できる広々とした座敷席を備え、とにかく種類豊富なメニューで親しまれている。

 「醤油香るコーンバター」(390円 税抜き)や「アサリとムールの酒蒸し」(690円 税抜き)といった定番の一品料理はもちろん、今の季節は冬限定メニューも外せない。番組で紹介された「国産牛のとまとすき焼き」以外にも、「鶏のみぞれ鍋 柚子の香り」(780円 税抜き※締めのうどん付き)、「ドルチェポルコとポルチーニ茸の白湯ポトフ鍋」(880円 税抜き※締めのリゾット付き)、「海の恵み 海鮮チゲ鍋」(880円 税抜き※締めのうどん付き)など、体の温まる品々がそろう。

 そして宴会コースが充実しているのもこの店の自慢。同店の方におすすめのコースを尋ねると「『冬堪能コース』(4000円 税込み)は番組でも紹介された『国産牛のとまとすき焼き』がメインとなっているのでおすすめです」と答えてくれた。そのほか、全7品に、60種以上のドリンクから選べる3時間の飲み放題が付いた「ガールズトークコース」は1人2980円(税込み)ととってもリーズナブル。同コースでは専用オプションとして、フレッシュなフルーツを浮かべた「モエ・エ・シャンドンのシャンパンボウル」(5400円 税込み)を付けることができるので、仲間内で盛り上がりたいときにおすすめだ。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

1 2次のページ
テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会