ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ペット医療進化で治療費が高額化 通院時間確保などの負担も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 SNSや動画を中心にペットのかわいさを紹介する情報は人気が高く、「ネコというキーワードを見ると、チェックせずにはいられない」などといった人も多いのではないだろうか。家族の一員であり、多くの人の癒しともなるペットだが、病気になった時、健康への心配だけでなく高額な医療費に困るケースもある。現在、日本における犬および猫の飼育頭数は約2150万頭(ペットフード協会調べ)に達し、研究や健康理解が進んだことにより、長寿命のペットも増えた。そのため飼い主にとってペット医療は、関心度の高いトピックのひとつだ。

「あうて ペットの保険」を販売するau損害保険が12月に発表した「ペット医療に関する意識調査」(犬か猫を飼っている20代~60代の男女607名が対象)によると、ペットが病気やケガをして、「通院したことがある」65.2%、「手術を伴う入院をしたことがある」40.4%、「手術を伴わない入院をしたことがある」18.8%という結果で、「入院・通院の経験はない」はわずか11.1%だった。また、「1回あたりの入院費」の質問には、25.4%が「10万円以上」支払った結果となっており、そのうち1.7%は「30万円以上」と回答している。

 そうしたペット医療費の高額化について、電話どうぶつ病院「Anicli24」の三宅亜希院長は、こうコメントする。

「理由として、予防医療の重要性が浸透しワクチン接種や寄生虫予防を確実に行なうようになったことや、獣医療の向上により受けられる治療が増えたことなどが挙げられます。高度な設備を有した二次診療施設で手術を行なうケースも増えており、飼い主さんが選択できる治療法は以前に比べて明らかに多くなっています。いざという時に安心できるよう、予防から病気のことまでなんでも相談できるかかりつけの先生を見つけ、共にペットを守っていくという意識を持ちましょう」

 まずは安心できる、かかりつけの先生と出会うことが必要だが、実際に高額なペット医療費を要する状態になった時、お金以外にも対処すべきことは多い。特に単身者が飼い主の場合、より大きな問題が仕事と治療に関わる時間の両立だ。

「仕事との両立ができずに、愛犬のポンのことは今、実家で面倒を見てもらっています」と語るのは、営業職の木戸さん(29歳・仮名)。小型室内犬でやんちゃで甘ったれなポンちゃんは、子犬の間は特に問題なく、元気に部屋中を飛び回っていた。しかし大きくなってくるにつれて、遊んでいる途中で急に痛そうに鳴くようになった。

「小型犬に多いようなのですが、先天的に関節にトラブルがあったようで、ちょくちょく病院に連れて行かないといけなくなったんです。でも1人暮らしで代わりに獣医さんへ連れて行ってくれる人はいないし、仕事は休めないし、ずっと入院させるほど酷いわけじゃないし……ポンはかわいくて仕方なかったけど、どうしていいかわからなくなったりしましたね。

 ペットを飼っていた同僚に勧められて、ポンを飼い始めた時にペット保険には加入していたんで、お金の心配や負担はそれほど大きくはありません。だけど部屋に1人きりにして仕事に出かけて、夜に家へ帰ると痛そうに鳴いていたのを見た時は、かわいそうでたまらなかったです」(木戸さん)

 そんなタイミングで木戸さんは母親からの電話を受け、自分の近況より先にその話をすると、すぐに「うちへ連れてらっしゃい」と言ってくれたのだという。

「今の自宅から実家までは電車で1時間くらいなので、以前も出張の時に、ポンを預かってもらっていたんです。今は兄弟も独立して両親が二人だけで暮らしているので、その時も『たまに預かるくらいならともかく、ずっと飼うのは大変。責任を持って飼いなさいね』なんて、小学生相手みたいなことを言っていたので、意外でした。でも考えたら、そうした方が、ポンのためにもなるかな……って。

 通っていた動物病院の先生が、実家の近所の獣医さんも紹介してくれたので、その点でも安心できました。治療費や保険の手続きなどの面倒までかけるのはなんですから、月1くらいですけどポンに会いに行って、その時に治療費の精算をするようにしています。最近あまり頻繁には実家に帰ってなかったから、“これが狙いで、引き取ってくれたのか?”と思ったりしたのですが、ポンが嬉しそうに僕を迎えるのが気に入らないようで、近頃では両親揃って『もうポンは、お前の子じゃなくて、うちの子だからね!』と主張しています。まぁいずれにせよ、いい親孝行になっているかもしれませんね(笑い)」(木戸さん)

 こうしたペットを含めて、家族全員が幸せに暮らせるようになるケースもあれば、残念ながら、悲しい別れを経験しなければならない時もある。今年の春、11年家族としてすごした飼い猫のトムくんを看取った実和さん(42歳・仮名)は、今なお「あれで良かったのか?」と自問自答するという。

「トムが10歳を過ぎた秋頃から急に元気がなくなって、検査した結果、がんが見つかったんです。かなり進んだ状態で、その説明を受けた時の先生の対応が、自分としては納得できなくて、意地になってしまったのかも……と後悔することもあるんです」(実和さん)

 ペットの医療保険に加入しているかを聞かれた実和さんが、「入っていない」と答えた直後に“安楽死”を勧められたのが、その要因だと実和さんは語る。

「体力が落ちていて手術も難しいし、仮に手術しても余命が延びる可能性が低い。医療費も高いし、治療や手術のために日中何度も通院する必要があるから、仕事にも影響が出るだろう……って。でも私にとっては“家族”の命の問題ですから、お金や時間のことは、私が考えるべき部分じゃないですか? それなのにアッサリ『安楽死』と言われた感じがして、すぐに“別の病院を探そう”と決めました」(実和さん)

 その後、でき得る限りの治療をしてくれる病院が見つかり、手術もできた。職場の理解もあったため、なんとか仕事も調整して自宅での時間を確保し、看病や通院の時間にあてた。しかし、やせ細り、何度も痙攣するトムくんの姿を見るのは、辛かったという。それでも弱気になりそうになるたび、「保険に入っていない」と言った直後に、安楽死を勧められた憤りがよみがえった。

「手術や入院・治療費などのほか、深夜救急で対応してくれる動物病院の治療費やそのためのタクシー代なども含めると、正直言ってかなり厳しいほどお金がかかりましたが、治療費を惜しむ気持ちはなかったです。でも振り返ってみると、トム自身にとっては苦しいだけの時間が、長引いただけなのかもしれない……。私が“お金のことなんかで”と思いすぎたエゴに、巻き込んでしまったんじゃないか? と。もしもペット保険に加入していて、お金の心配をする要素が少なかったら、もっと冷静に、トムの気持ちを考えた判断ができたのかもしれません」(実和さん)

 もしもの時を考えて、金銭的な心配を軽減するペット保険へ加入しておくことや、日頃からケアについて相談できる獣医師やサポートサービスを調べておくなどは、家族であるペットと最後まで悔いなく、幸せな時をすごせるようにするために、必要な要素のひとつといえそうだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ペット専門の健康保険 診療費の7割または5割負担する仕組み
ペット保険 治療費補償の商品多いが死亡保険がない理由とは
「余命少ないペットの治療を打ち切ることも重要」と獣医指摘

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP