ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カラダにいい「最強のナッツ」は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ナッツといえばお酒のおつまみ。そんなイメージを持っている人は多いはず。しかし、今やナッツといえば「体にいい食べ物」として世界中で注目されているのをご存じでしょうか。美容や健康に効果があるということで、専門店も徐々に増えているのだとか。そこで、ナッツ専門店「Groovy Nuts」店長で、管理栄養士の資格を持つ森敦子さんに、ビジネスマンにオススメのナッツを教えてもらいました。

【画像や図表を見る】

「外食などで味が濃いめの食事を摂ることが多い男性には、“ピスタチオ”がオススメです。カリウムを多く含んでいるので余分な塩分を排出する効果があり、むくみや高血圧の予防になります」

ピスタチオといえば、まさにお酒のおつまみのイメージだけど、そんな効果があったとは驚きだ。ほかにも何かありますか?

「ヘーゼルナッツもいいですよ。ビタミンやポリフェノールなど抗酸化作用が高い成分が多く含まれているので、アンチエイジング効果が見込めます」

確かに、もう若くない30代男性はお肌も気になるところ。食べるアンチエイジングはうれしいところです。ちなみに、そんなナッツのなかでも“最強”の効果を持つものはなんなのでしょう。

「強いて選ぶなら、クルミではないでしょうか。“オメガ3”と呼ばれる必須脂肪酸が豊富で、コレステロール値の低下や血管を柔らかくする作用などがあります。いわゆる成人病の予防ですね」

毎年の健康診断に不安を感じるお年頃、確かに、30代男性にはある意味最強かも。しかし、ナッツといえば、カロリーが高い印象があるのですが、その辺りがちょっと不安…。

「もちろん食べ過ぎはNG。私たちのお店では、『Nuts by handful everyday(毎日一握りのナッツを)』とオススメしています。30g程度ですね。そもそも、単純にカロリーだけを比較しても意味はありません。大事なのは栄養価の質です。例えば、ジャンクフードと同じカロリー分を食べたとしても、ナッツは成分の質が良いので、体への影響は全く異なります」

オススメの食べ方としては、小腹が空いたときに、おやつの代わりにポリポリ…なんて摂り方がいいのだとか。ナッツは食物繊維が多いので血糖値が上がりにくく、ちょっと食べたら余計にお腹が減ってきた、なんてことも起こりくいそうです。

「忙しい朝なら、朝食代わりに食べるのもいいですよ。時間があれば、砕いてスープに入れたり、お肉にまぶして焼いたりしても、香ばしさがでて美味しいですね。ミキサーで野菜ジュースを作る人は、野菜と一緒にナッツを入れると、楽しい食感が味わえます」

パンケーキやポップコーンなど様々な食のブームがありますが、もしかすると次はナッツブームが到来するかも。女子もすなるナッツ生活、男子のあなたも始めてみてはいかがですか。
(コージー林田)
(R25編集部)

カラダにいい「最強のナッツ」は?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

美肌&抗がん作用も!落花生の底力
果物の種を飲み込むと盲腸になる?
酵母ダイエットでホントに痩せる?
ローラーでコロコロの痩身効果は?
基礎代謝量、夏と冬の違いは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。