体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

運転中の脳波を測定して本やコーヒーをオススメしてくれる、ちょっと近未来的な試乗会

e-mobility station@湘南T-SITE

運転中の脳波を測定し、そのデータをもとに、ドライバーの特徴や嗜好にあった本(ジャンル)とコーヒーを紹介するという、ちょっと変わった取り組みをフォルクスワーゲンが行っています。

【関連:三菱自動車、オキュラスリフトを使った体験イベント『バーチャル星空ドライブ』を開催】

e-mobility station@湘南T-SITE

これは『e-driving』と呼ばれ、12月10日から2月15日の期間限定で、神奈川県藤沢市の環境配慮型街区『Fujisawaサスティナブル・スマートタウン』内にオープンした『e-mobility station@湘南T-SITE』で体験できます。
蔦屋書店を運営する、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社とのコラボで誕生した試乗エリアで、店内には書籍のプロが選んだ27のジャンル、3,000冊の本が置かれ、試乗しない人でも自由に閲覧できるようになっています。

■いざ体験

店内でe-drivingを体験したいとスタッフに伝えると、免許証の提示や簡単な書類記入を求められます。
一通りの手続きが済むと、脳波測定システム『感性アナライザ』というものが手渡され、額に端子、左の耳たぶにクリップを付け、頭にしっかりとセットします。慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学課 准教授で、電通サイエンスジャムCTOの満倉靖恵氏が開発したものだそうです。

感性アナライザ 感性アナライザ

準備が済むと試乗車に案内されます。使用するのは、フォルクスワーゲンの新しいEV『e-up!』。助手席にはスタッフが乗車して、あれこれ機能を説明してテストをサポートしてくれます。

テストは、テストコースを2周、約10分程度走行して行われます。
発進・停止・加速・減速などの操作を繰り返し、回生ブレーキの効き具合や加速感の違いを体験してみたり、Normal、Eco、Eco+の3つの走行モードも体験。Eco+ではエアコン機能が停止され、より航続距離を延ばせるようになっています。
スタッフによると「Eco、Eco+のモードであっても、アクセルペダルを踏み込んでキックダウンの操作を行えば、フルパワー、最大トルク、トップスピードを引き出せます」とのこと。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会