ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

凛として時雨「劇場版 PSYCHO-PASS」主題歌MV公開&“Hyper Secret GIG”開催決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先月リリースした1年7か月振りのシングル「Enigmatic Feeling」がオリコンウイークリーチャート8位を獲得し、12月18日 大阪フェスティバルホールにて、盟友9mm Parabellum Bulletをゲストアーティストに迎え行われた自主企画イベント“トキニ雨”でも、その圧倒的なパフォーマンスで世界観を魅せつけた凛として時雨。

年明け1月14日にバンド初のベストアルバム「Best of Tornado」と、ニューシングル「Who What Who What」のリリースがアナウンスされているが、その凛として時雨が放つ新曲「Who What Who What」のMusic VideoがYouTubeオフィシャルチャンネルで公開となった。

今作は、TK from 凛として時雨の「unravel」のMusic Videoも手がけたディレクター番場秀一氏を迎え、“ドットイメージ”と呼ばれるLEDライトをワイヤーで天井から吊り下げ、コンピューターでシステム制御させる最新鋭の舞台演出装置を使用し制作された幻想的な作品となっている。

また、同楽曲が主題歌となる2015年1月9日 全国公開の長編アニメーション『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』で使用されるMovie editの音源がiTunesをはじめ各配信サイトで先行配信がスタート。

同日発売のベストアルバム「Best of Tornado」の情報を含めた特設サイトもオープンし、今作の目玉ともいえる【Hyper Tornado Edition】のスペシャルボックス及び、内包されるフォトブックの写真に加え、同BOXを様々なシチュエーションで紹介するピエール中野のTKによる撮りおろし写真も公開。

さらに、2月8日の仙台Rensaを皮切りにスタートする全国ツアー“凛として時雨 Hyper Tornado Tour 2015”に先駆けて、2月4日に都内某所にて“Hyper Secret GIG”を開催することが決定。このライブへの参加応募券は、前述の1月14日発売のベストアルバムとニューシングルに封入されるので、こちらも要チェックだ。

なお、全国ツアー“凛として時雨 Hyper Tornado Tour 2015”の2月28日 沖縄ナムラホール公演までのチケットは、12月20日から一般発売となる。

「Who What Who What」Music Video

配信情報
凛として時雨「Who What Who What」(Movie edit)
iTunes Store:https://itunes.apple.com/jp/album/id948625673?at=10lpgB&ct=4547403036961_if
レコチョク:http://recochoku.jp/artist/2000019016/
mora:http://mora.jp/artist/201715/all

ライブ情報
「凛として時雨 “Hyper Secret GIG”」
日時:2015年2月4日(水) OPEN:18:30 / START 19:30 ※1時間ほどを予定
会場:都内ライブハウス ※招待状に記載
応募締切:2015年1月22日(木) 当日消印有効
当選のご連絡:2015年1月下旬頃に招待状の発送をもって

<応募方法>
ニューシングル「Who What Who What」封入の専用応募ハガキに、ベストアルバム「Best of Tornado」封入の応募券を所定の欄に貼付の上、必要事項をご記入の上ご応募ください。

<対象商品>
応募券封入:2015年1月14日発売ベストアルバム「Best of Tornado」(【Hyper Tornado Edition】初回生産限定豪華盤(AICL2797〜2800)/【Tornado Edition】初回生産限定盤(AICL-2801〜3)/通常盤(AICL-2804)のいずれか)
応募ハガキ封入:2015年1月14日発売シングル

関連リンク

凛として時雨 オフィシャルサイトhttp://www.sigure.jp/(PC、スマホ、携帯共通)
凛として時雨 YouTube Official Channelhttp://www.youtube.com/sigureSMEJ
凛として時雨 オフィシャルfacebookhttps://www.facebook.com/sigure.official

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP