ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【ビルボード】J・コール ラップ界を担うスーパースターが全米アルバム・チャート1位に

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【ビルボード】J・コール ラップ界を担うスーパースターが全米アルバム・チャート1位に

 ついに、無敵のテイラー・スウィフトから首位を略奪!J・コールの3rdアルバム『2014フォレスト・ヒルズ・ドライヴ』がNo.1デビューを果たした12月27日付アルバムチャート。

 38万枚と驚異的な初動枚数で首位デビューを果たした、J・コールの『2014フォレスト・ヒルズ・ドライヴ』。ストリーミング回数や単曲のダウンロードがポイントに追加されることになったアルバムチャートだが、J・コールに関しては、HOT100チャートをみても「ウェット・ドリームズ」が73位、「ノー・ロール・モデルズ」が95位と、シングルのヒットが目立っているとはいえない。また、ストリーミング回数をみても、テイラー・スウィフトの「ブランク・スペース」や「シェイク・イット・オフ」のような数字をたたき出している曲はなく、単純にアルバムの実売がポイントの全域を占めているといえる。
 J・コールは2011年に『コール・ワールド:ザ・サイドライン・ストーリー』で、ラップチャート、R&Bチャートと3冠を制覇し、華々しいデビューを飾った。勢い衰えることなく、続く2nd『ボーン・シナー』でも3チャートを制覇、そして本作でも3作連続でその記録を更新するという快挙を成し遂げた。
 一方、シングルチャートでは未だ、TOP10入りを果たしたことがなく、“ヒットチャートから火がついたアーティスト”ということではなく、純粋に“アルバムアーティスト”といえる。若手ながら、今後のラップ界を担っていくスーパースターの1人といえよう。

 J・コールから首位を奪われたテイラー・スウィフトだが、その差はそう離されたものではなく、登場6週目にして32万枚と驚異的な数字をキープし続けている。おそらく、2015年の年間アルバムチャートTOP10入りも間違いなく、2年連続のランクインが確定されたようなものだ。次週は再びNo.1の座に返り咲く可能性が高い。

 テイラー・スウィフトの登場前には、カントリー界の新女王として君臨していたキャリー・アンダーウッドの初のベスト盤となる『グレイテスト・ヒッツ』が、10万枚を突破し、4位に初登場。来年でデビュー10週年を迎えるキャリー。カントリーチャートでは、なんと12曲ものNo.1を獲得していて、デビュー曲にして首位獲得となった「インサイド・ユア・ヘヴン」や、2007年の年間6位にランクインする自身最大の大ヒット曲となった「ビフォア・ヒー・チーツ」などが収録されている。また、ベスト盤からの新曲として収録された「サムシング・イン・ザ・ウォーター」は、HOT100チャートで24位に、カントリーチャートでは早くもNo.1を獲得している。

関連記事リンク(外部サイト)

12月27日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
12月27日付 Billboard Hot 100 全米シングルチャート
J.コール、新作アルバム『2014 Forest Hills Drive』のトラックリストを公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。