ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【空旅のススメ】(7) 機内食で「低カロリーミール」を頼んでみたら・・・

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

IMG_3056
飛行機での楽しみが「機内食」という人、けっこういるはず。近ごろ、エコノミークラスでも、航空会社によっては有名店とコラボレーションしたり、味のレベルアップに力を入れたりしている。
長距離国際便の機内食、エコノミークラスの場合、通常は2種類から選ぶ。例えばJALだと、和食と洋食といった具合。実はさらに、機内食を事前に指定できるサービスも存在する。フルーツミール、子ども向け、乳幼児向け、ヒンズー教徒向けなど。そんな中、キャセイパシフィック航空を利用する際、事前に約20種類から選べるのを知り、ためしに「低カロリーミール」を頼んでみた。
まず、「低カロリーミールで良い?」と客室乗務員が座席まで聞きに来た。念のため、「変更できるのか」と聞いたが、変更できないと返された。その後、一般的な機内食より先に持ってきた。もちろん種類は1種類しかない。食べてみた感想は、率直にいうと「味が薄い」。薄味ならまだ良い方で、まったく味付けされていないこともあった。機内食は通常、味付けが濃いので、薄味が好きな人は良いかもしれないが。
今回の旅程、関空~台北~香港と香港~ミラノで、機内食は片道だけでも合計4回。そのすべてで低カロリーミールだった。最初は良かったのだが、往復ともなるとさすがに飽きてきた。特にひどかったのがミラノ発の便で、1回目も2回目もほぼ同じメニュー、しかも味がついていない。さすがに、夜食のカップ麺を2杯も食べてしまい、低カロリーの意味がまったくなくなってしまった。
特別機内食、安易に頼むのはやめたほうが良いかも、というのが1つ、教訓になった。
(Written by Aki Shikama)

【Nicheee!編集部のイチオシ】
【空旅のススメ】(6) 香港国際空港の展望デッキ 飛行機撮影が楽しい!
【EU旅レポ】 ANAの機内食「お粥」がおいしい理由
日本の地上で唯一「機内食」が食べられるレストラン

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。