ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

車で、デスクで、キッチンで。サクサクとどこでも使えるスマホホルダー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ハンズフリーでスマートフォンを操作できるスマホホルダーは、使えるシーンが多ければ多いほどユーザーにとっては嬉しいもの。壁に掛けられるクリップ型、デスク上で使う自立スタンド型、ソファなどで利用できる可動式アーム型などの各種スマホホルダーがすでに流通し、ユーザーの好みに応じて選ぶことができる。

このたび、日本で販売が開始される「インフィニアップス」は、海外での販売累計が10万個を突破した、車載型のスマホホルダー。ふつう、車載型のスマホホルダーの設置方法には、粘着テープを使用するものや、エアコンの吹き出し口に差し込むクリップ型、ルームミラーにスタンドを取り付けるタイプなどがある。

しかし、「インフィニアップス」は、粘着ゲル素材を使った”特殊な吸盤”を備え、ワンタッチで真空状態を作り出すことが可能。ホルダーをがっちりと固定し、設置することができる。この”特殊な吸盤”というのがミソで、車の中のみならず、リビングやキッチンといったさまざまなシチュエーションに応用できるので、まず1つ持っていれば、生活の中でスマホホルダーには困らない。吸盤は水洗いできるので、汚れがたまって吸着力が低下する心配もない。

ホルダー側の固定はこの吸盤で行うが、スマホ側の固定は強力なマグネットを使用する。電池パックの中や、スマホ本体とスマホケースの間に金属板をあらかじめ差し込んでおけば、「インフィニアップス」の磁石がその金属板を引き寄せてしっかりとホールドする。スマホの取り付けに、クリップや取り付け台などのいわゆるホルダーらしきホルダーを必要としないため、着脱が片手で簡単に行えるのも「インフィニアップス」の大きな魅力。車に乗り降りする際に、「スマホをホルダーに挟み込んで」あるいは「ホルダーをゆるめてスマホを取り外して」という手間がいらず、「スマホをインフィニアップスに近づけるだけで固定」「インフィニアップスからスマホを軽く引っ張るだけで取り外し」という、非常にサクサクした使い勝手になる。また、スマートフォンを取り付ける磁石の根元には、ボールジョイントが採用されていて、スマホ画面を自在に上下左右に傾けることも可能だ。

どんなシーンにおいても簡単に使えるので、海外販売累計10万台というのも頷けるのではないだろうか。日常生活の中を見渡してみたら、この使い勝手抜群のスマホホルダーが活躍できる場は多いはずだ。

参考情報(外部サイト)

日本初上陸!海外販売累計数100,000個突破の車載ホルダーの進化系 マグネットスタイルのスマホ用ホルダー「インフィニアップス」販売中/株式会社ウエニ貿易

関連記事リンク(外部サイト)

巨大化しても余裕で”片手スマホ”ができるバンドが使える!
自由自在にくねくねするスマホスタンド その名も「テブラーシカ」!
エアギターでも音が鳴る? 手にしたものすべてがおもちゃになる玩具がすごい!

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP