ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

TBS『金スマ』 たかじんさん特集放送直後から視聴率が低迷

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 作家・百田尚樹氏の著書『殉愛』を巡って、論争が巻き起こっている。同書は、やしきたかじんさん(享年64)が食道がんと戦った“最期の2年間”の闘病生活を、献身的に看病した妻・さくらさんの証言をもとに描いた作品だ。

 出版当日の11月7日には、『中居正広の金曜日のスマたちへ』(TBS系)で特集が組まれ、関東地区で12.6%、関西地区で20.1%の高視聴率を残した。

 しかし、放送直後から同書の内容に疑問の声が噴出。ネット上では、さくらさんの重婚疑惑などの噂が飛び交い、『殉愛』の内容に関して否定的な意見が多数を占めている。実は、その影響が『金スマ』自体にまで飛び火しているという。TBS関係者が明かす。

「『殉愛』の放送以降、視聴率が7.8%、8.5%、8.7%と1ケタに落ち込んでいるんです。これは、異常事態です。『金スマ』は2ケタが当たり前で、TBSの看板番組。回によって上下はありますが、12%くらいは取る。

 3週連続1ケタは、記憶にありません。やはり、『殉愛』を取り上げた回が影響しているのでしょうか。今までも、番組内容について論争になることは何度もありましたが、翌週以降の視聴率には響かなかったのですが……」

 12日の放送では視聴率10.0%と久々に2ケタを記録したが、予断は許さない。ましてや『金スマ』の低迷は、TBS全体に波及する恐れもあるという。

「TBSにとって、金曜夜は唯一数字を稼げる時間帯だった。『爆報!THEフライデー』『ぴったんこカン・カン』、そして『金スマ』と視聴率2ケタが続く文字通りのゴールデンタイムでした。22時台のドラマがうまくハマれば、23時台の『A-Studio』まで2ケタを獲ることもあった。

 それが、『金スマ』が1ケタになると、後番組のドラマにまで影響が出る。実際、『金スマ』が7.8%に終わった日のドラマ『Nのために』は5.8%まで落ち込んでしまった。14年目を迎えた長寿番組ですが、このまま低迷が続くようなら、番組の方向性を変えるなど抜本的な改革が打ち出されるかもしれません」(同前)


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
視聴率最高記録は『第14回NHK紅白歌合戦』の81.4%
好調続く日本テレビ スペシャル番組の低視聴率は懸念材料に
いいとも 祝日の視聴率は局内トップクラスで終了に疑問の声

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。