ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大分県での1泊2日 フグと名湯でとことん幸せになる旅の薦め

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 冬がもっとも旬といわれるフグ。中でも天然トラフグは最高級とわかっているが、なかなか手が出ない。そこで、航空・旅行アナリストの鳥海高太朗氏による連載『“おとな旅”コンシェルジュ』から、リーズナブルに天然トラフグを堪能し温泉も楽しむプランだ。

 * * *
 冬の味覚は数あれど、やはり一度は口にしたいのが、フグである。なかでも最高級の天然トラフグさんのフルコースともなれば、一人前3万円はくだらない高嶺(値)の花だ。

 今回当コンシェルジュが自信を持っておすすめするのは、「フグの本場を訪ねて天然トラフグをリーズナブルに堪能する」プランである。

「そうか、今回は下関か……」と思った貴方、甘い。確かに下関はトラフグの本場だが、冬の旅に欠かせないものが足りない。それは「温泉」である。天然トラフグで笑顔になり、さらに天然名湯で幸せになる。そんな、夢のような贅沢ができる地──それは“おんせん県”大分である。

 大分へは羽田から飛行機、というのが常識だろう。だがコンシェルジュは、成田発のジェットスター・ジャパン便をおすすめしたい。大分へは毎日2便運航しており、LCC(格安航空会社)だけに繁忙期でなければ片道7000円台、往復約1万5000円程度で済む。

 大分空港に到着したらバスで別府へ向かい、別府の中心エリアである「別府北浜」バス停で下車。まずは今宵の宿に荷物を置いて身軽になろう。コンシェルジュのおすすめは、温泉旅館ではなくビジネスホテルである。別府は一大観光地ではあるが、じつはビジネスホテルも多く、しかもその多くが当たり前のように天然温泉を備えているのだ。
 
 今回泊まったのは別府北浜バス停から徒歩わずか30秒という好立地にある「ホテルエール」。1泊1万円少々(ツインルーム2名1室。1万100円~)とリーズナブルで、部屋も小綺麗。なにより源泉掛け流しの天然温泉の露天風呂を備えているのが素晴らしい。無理して高い温泉旅館には泊まらずに、飛行機代と宿代を抑えてそのぶんを食事に回す、というのが今回の旅のスタイルである。

 いよいよフグを食べに行こう。ただし別府でではない。別府駅から特急列車に乗って南下すること30分少々、臼杵(うすき)駅で下車する。

 臼杵といえば、岩壁に彫られた磨崖仏(まがいぶつ)「国宝臼杵石仏」が名高い。平安から鎌倉時代にかけて造営された60余体のうち、59体が国宝に指定されている。なかでも、胴体から切り離された大日如来の仏頭が台座に安置された「古園(ふるぞの)石仏」の強烈な光景をご記憶の方も多いのではなかろうか。コンシェルジュもそうだった。ところが、今回再訪して驚いた。首がつながっていたのだ!

 じつは平成5年に復元されたのだが、復元後にお参りした人が会社のリストラの危機を乗り越えたとのウワサが広まり、いまでは「首がつながった」=「リストラ除けに御利益のある仏様」として訪れる人が後を絶たないのだそうだ。これだけでも臼杵を訪れる価値があるだろう。

 さて、お参りが済んだらようやくフグである。その前に、なぜ臼杵でフグなのか? 豊後水道の荒波でもまれたトラフグは身が引き締まり、甘みと歯ごたえが素晴らしい。ところが、同じ豊後水道のフグでも下関に揚がったものはブランド魚として高値で取引されるが、臼杵に揚がったものはリーズナブルな値段でいただけるというワケである。
 
 今回伺うのは臼杵市内の『料亭 山田屋』。店の名を聞いてピンときた人もいるかもしれない。ここは東京・西麻布に出店し、『ミシュランガイド東京・横浜』で3つ星を3年間キープし続けている名店の本店である。globe(グローブ)のヴォーカリストで現在病気療養中のKEIKO嬢の実家でもある。
 
 西麻布店は「ふぐコース」が一人前約2万円~という高級店なのだが、ここ本店では一人前7560円(別途サービス料10%)という『ふぐミニコース』を提供している。「ミニ」といっても、天然トラフグの神髄がたっぷり味わえる内容だ。
 
 まずは「フグ刺し」。この店の、というより臼杵のフグ刺しは、一般的なものに比べると少し厚めに切られている。朝に水揚げされたばかりの鮮度抜群の天然トラフグだからこそできる芸当だろう。コリコリとした歯ごたえが堪らない。「フグ刺しは薄いほど美味い」なんていう俗説が見事に打ち砕かれる瞬間である。その後も、唐揚げやちり鍋~雑炊と、幸せなフルコースが続く。お伴は、ひれ酒(972円)で決まり!

 満腹になって別府に戻ったら、帰路の空港行きのバスが出る夕方5時過ぎまで温泉でのんびりしよう。竹瓦温泉の砂湯もいいが、バスで約15分の鉄輪(かんなわ)温泉の足蒸しや足湯もおすすめだ。

 帰りのジェットスター・ジャパン便は、成田に夜8時半過ぎに到着。1泊2日で極上の天然トラフグを堪能し、名湯に癒やされ、ついでにリストラ除けまでして、さあ明日からまた仕事ガンバロウ!

■鳥海高太朗(とりうみ・こうたろう)/千葉県富津市生まれ。航空・旅行アナリスト、帝京大学理工学部航空宇宙工学科非常勤講師。文化放送「オトナカレッジ」に「トラベル学科」講師としてレギュラー出演中(毎週金曜日20時~)。著書に『That’s  ANA マニュアル ANA 公式ガイドブック』『エアラインの攻防』など。1年間のフライト数は100以上。

※週刊ポスト2014年12月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
長嶋茂雄が大好きだった鍋は6000円のフグチリ 月2~3回食す
九州の風邪対策 佐賀のすっぽん、宮崎の焼酎、鹿児島の柿等
“おんせん県”命名でもめた大分と群馬 現在は良好関係に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP