ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

現在理容室経営 「少女隊」のチーコが芸能界怒涛の日々語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 東京・国立市にある理容室。店に入ると「いらっしゃいませ」と長身のイケメン店主が迎えてくれた。その奥から顔を出したのは、ショートカットのかわいい女性。1984年に育成・宣伝などに数億円をかけて鳴り物入りでデビューした女性3人グループ『少女隊』の元メンバー・チーコ(45才・市川三恵子さん)だ。

 デビュー当時のチーコは中学3年生(14才)。メンバーと寮暮らし。3人同じ部屋で広さは12畳ほどだった。怒濤の日々だったと振り返る。

「朝7時に家を出て学校に行き、仕事をして帰るのは夜中の3時、4時。本当にお風呂に入って寝るだけという生活で、睡眠時間は2時間がやっとでした。寮の部屋で過ごす時間がないので、狭いと思ったことがないですね。寝る時は布団を川の字に敷いて、左から私、レイコ、ミホって、ステージの立ち位置と一緒。その順番じゃないと落ち着かなかった」(市川さん、以下「」内同)

 ご飯を食べる暇さえなく、いつもお腹を空かせていた。ラジオ番組の収録にこんなハプニングがあったほど。

「3人でお腹をグーグー鳴らしていたら、スタッフさんが『マイクがお腹の音を拾っちゃうから、何か食べさせてやれ』と言ったことがありました」

 それでも当時の給料は月8万円だった。アイドルらしく「18才までは恋愛禁止」と言われていたが、その年齢を迎えることなく、15才で彼女は芸能界を去った。

「デビューから半年ほどでヘルニアを患って、それでも半年間休まず仕事を続けたので、どんどん悪化してしまったんです。1985年の夏のツアー中に倒れて、そのまま休業しました。ヘルニアになったのは、成長期に休みなく働いたことと、ストレスが原因だろうと医師から言われました」

 入院して治療し、リハビリを行ったが、松葉杖なしで歩けるようになるまでに1年半もかかったという。その間代わりのメンバーが入ったこともあり、そのまま芸能界からフェードアウトした。

 その後、22才で結婚。お相手が冒頭のイケメン店主で、28才の時に2人で現在の店を構えた。チーコ自身も35才から3年間理容学校に通って免許を取得した。

※女性セブン2014年12月25日・2015年1月1日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
SKE48の顔・松井玲奈 ブレイクきっかけは『マジすか学園』
SKE48メンバー 趣味「食べること」で大食漢でも体は細い
キス魔のSKE48松井珠理奈 キスの標的にするのは高柳明音

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP