ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

既婚女性 子供がいても「奥さん」でなく名前で呼ばれたいもの

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 過去に『真珠夫人』や『牡丹と薔薇』など、数々の話題作を生み出してきた東海テレビの昼ドラ。現在放送されている『シンデレラデート』(東海テレビ、フジテレビ系/月~金/13時30分~)もそんな注目作の一つだ。

 高校教師で人妻の西村真琴(星野真里)は、夫と行くはずだったジャカルタで、新聞記者の結城涼太(眞島秀和)と出会う。その後、ふたりは行く先々で偶然の再会を繰り返す。涼太に「ふたりの出会いは運命だ!」と何度も告げられて徐々に心が惹かれていく真琴。

 真琴のように、家庭に何の不満もないように見える妻も、旅先のハプニングで恋に落ちることがあるのだろうか? 心理カウンセラーの塚越友子さんは語る。

「彼女は夫から、『奥さん』と呼ばれているんですよね。それが象徴です。美魔女ブームも夫から評価してもらえなくなった女性が、自分を認めてもらいたくて、自分磨きをがんばったことで起こったもの。女性は、結婚しても、子供がいても、女性でいたいという気持ちも同時に持っています。異性から『奥さん』ではなく、名前を呼んでもらえて、『好きだ』『運命だ』と言われて揺れないわけはありません」(塚越さん、以下「」内同)

 真琴が同僚の養護教諭のひとみに相談するのは、女子高生の恋愛相談のようだ。

「こんなことを言われちゃったと自慢しつつ、先に進みたい、でも、ブレーキをかけてほしいと心は揺れている。ふたりの会話は視聴者の胸の内を代弁していると思います」

 主婦が主人公だが、少女漫画のような、王道の恋愛。ベタな台詞にニヤニヤしながら、初恋のドキドキでも思い出してみてはいかが?

※女性セブン2014年12月25日・2015年1月1日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
昼ドラ『シンデレラデート』 つり橋効果やゲインロス効果も
秋山仁氏 美保純と艶めかしい焼き鳥デートを目撃される
「TV局を減らせ」と説く元業界人がTV界の現状を描いた書

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP