体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『くるみ割り人形』増田セバスチャン監督インタビュー(前) 「引き受ける時に運命だと思いました」 [オタ女]

s_m_i1_01

P・チャイコフスキーのバレエ組曲をもとにサンリオが製作した人形アニメーションが、”極彩色ミュージカル・ファンタジー”と銘打ち3D映画として蘇った『くるみ割り人形』。監督を務めるのは、東京・原宿のショップ6%DOKIDOKIのプロデューサーやきゃりーぱみゅぱみゅのMV・ライブでの美術を手がけ、”kawaii”カルチャーの第一人者として国内外で活躍中の増田セバスチャン氏。初監督ながら、東京国際映画祭の特別招待作品にも選ばれるなど、注目が集まっています。

『オタ女』では、発掘された人形アニメーションに新たな息吹を吹き込んだ増田監督にインタビュー。前編では、少女がさまよい成長するストーリーの魅力についてや、クララを演じた有村架純さんとの役作りなど、初めて映画監督を務めた手応えを含めてお届けします。

s_m_i1_02

--まずは、『くるみ割り人形』の監督を引き受けるにあたっての経緯から教えて下さい。最初にお話があったのはいつ頃になりますか?

増田セバスチャン(以下・増田):2014年に入ってからですね。サンリオから、昔のフィルムが発見されて、その保存状態がよかったので、デジタルで色味を起こしたりしていたのですが、僕が入ってもう一度クリエイトして現代的なカラフルなものにするという話で声をかけてもらっていました。それで、本格的にはじめたのがニューヨークでの個展が終わった4月くらいからですね。

--人形アニメーションのフィルムを今の技術で鮮やかにすることに加えて、現代に合わせた脚色をしています。

増田:もともと、この『くるみ割り人形』の一番最初の脚本は寺山修司さんが書いていて、それを辻信太郎さん(現サンリオ社長)が脚色したものが見つかったんです。

--自叙伝の『家系図カッター』(角川グループパブリッシング)でも寺山の存在の大きさに触れられていましたが、ここでも巡りあうことになったわけですね。

増田:最初引き受ける時に運命だな、と思いましたね。製作当時は過激だった寺山さんの表現も、今ならばストレートに伝わるものがあるので、辻さんの脚本ともバランスを取りつつ現代に合わせていく事に時間をかけました。

s_m_i1_03

--『くるみ割り人形』は、少女クララがねずみの大群にさらわれた大切なくるみ割り人形を追って〈人形の世界〉に迷いこんだり、王子様にお菓子の国へ招待されたり、夢のめまぐるしく辿っていくストーリーです。このタイミングで、この物語がクローズアップされたことの意味をどう捉えていらっしゃるのでしょうか。

増田:原作は女の子がさまようストーリーで、僕の大得意なモチーフなんですけれど、今回は呼ばれた感じですね。このような人形アニメーションは、制作費や労力や年月がかかって、ディズニーがやりたくても出来なかった。それが35年前に日本で作られていたんです。だから「俺たちの作ってきたものを繋いでくれよ」と先人たちの亡霊に呼ばれたんじゃないかと。

--人形を作った人たちにもですが、クララにも呼ばれたのかもしれませんね。

増田:人形に呼ばれた。今年は『ドール展』もやりましたし、人形に取り憑かれているんじゃないか、と。

--演出についても教えて下さい。これまで手がけてきたMVや舞台での経験が生きたところがあったのでしょうか?

増田:もとのフィルムを見たときに舞台に近いと思ったんですね。舞台はこれまでに何回もやっているので、3Dの製作や演出をつける時も舞台をやるようにしました。

1 2 3次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会