体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

藤代冥砂「新月譚 ヒーリング放浪記」#12動物

1219_01

沖縄本島の中部、とある村に住むようになって、動物がさらに身近になった。
ついこの前も台風でやられた庭のパパイヤの木に、一羽のサシバが留まっているのを見つけた。渡りの猛禽類であるサシバは十一月頃に沖縄にやってきて、春になると去って行く。ここに住む人間達にとって、サシバは冬を運んでくる存在だ。
甲高い声でキキッーと鳴き、我が家の眼下に広がる谷を縄張りとする一つがいが、互いに声かけ合って暮らしている。
パパイヤに留まっている姿は美しく、私はカメラを手にして、キッチンの窓越しに数枚撮影した。まさに息を飲むようにして構えた我が姿は、その家の主というよりかは泥棒のものであり、撮るということがある場面では盗むことに似ている、もしくは同等であることを頭の片隅で意識しながら、サシバにレンズを向け続けた。
猛禽類というのは美しい。
「デザインと機能」の関係を持ち出すまでもなく、その姿は今を生きる上で完璧なものに思えた。さらに、その眼光である。肉食動物の研ぎすまされた眼の力は、怖いというよりも崇高ですらある。
私は、キッチンの冷蔵庫を盾に隠れながら、さながら戦地にでもいるかのような姿勢で、サシバを撮影した。
過去に、「旭山動物園写真集」を作った時に感じたことだが、動物とは言葉ではなくて「思い」でコミュニケーションすることが案外簡単だと思う。言葉が通じないのだから、実際「思い」に頼るしかないのだが、この当たり前をしっかりやることの大切さを実感している人は案外少ないのではないか。
私は動物を撮影する時にも、ひとまず失礼の無い振る舞いを心がけている。
「すいません、ちょっと撮らせてもらいますね」というのは、実際口に出してよくつぶやいている。
花から花へと忙しい蝶々などの昆虫にもこれらは大切で、礼を尽くすといい写真がいただける。
先の動物園写真集の時にも、私はそんな風にして全ての動物を収めていった。情熱大陸に出演させていただいた時に、カバに向かって「綺麗ですねー」と話しかけながら撮っている場面があったが、まさにあんな感じなのである。
キッチン撮影でのサシバにも、「そろそろ飛んでもらえませんか?」と「思い」を送ったところ、すぐに応えてくれた。

2ページ目につづく

1219_04

このエッセイのはじめに、村に住むようになってさらに動物が身近になったと記したが、近所にはヤギや馬までもがいる。
よく歩く犬の散歩のコースにはアグーという沖縄名産の毛長豚がいて、時々会いにいく。柵越しに鼻先を伸ばしてくる姿はとても愛らしい。薬草でもあるセンダク草を道ばたから抜いて差し出すと、数頭が争うようにして食べてくれる。
豚と人間。立場的には、餌を与える者と餌を与えられる者である。そんなことを豚がむしゃむしゃする間考える。飼われている豚は人の助けがなくては生きてはいけない。世話をする者、される者との関係。この感じをペットの枠にはめて少し伸ばしてみると、癒す者、癒される者、となる。
だが、癒しとなると、ちょっと位置が逆転して、癒す者はペットの方で、癒されるのは人間になっていることが多い。
実際ペットショップでショーケース前に並ぶ人たちは、「かわいいー、癒されるー」と口にしていることが多い。人はペットを飼い、世話する代わりに癒しを与えられているという一つの構図が確かにある。
だが、癒しというのは世話とは違って相互的なものだ。一方通行の癒しというのは、本当の癒しとして成り立ちづらい。当人は癒しているつもりはないだろうが、ペットにしてみればいつも可愛がってくれている飼い主の存在は立派な癒しになっていると思う。
だが反面、全ての飼い主がそうとは限らない。それは年間に殺処分されるペットの数にも見て取れる。猫では約二万頭、犬は約八千頭もの数が飼い主からの依頼によって殺処分されている。いったい一日にどのくらいの数の命が消されているというのか。
「可愛いー、癒されるー」と言った口が、「ごめんね、お別れだね」と言うのである。
愛し続けること、癒し続けることは、世話をし続けること以上に難しいということだ。
癒しは相互的なものだと私は常々強く感じているのだが、受け取ることだけを意識している癒しは、奪う事だけに忙しいのと一緒だ。
対象が人であれ動植物であれ、他者と接する時にそれぞれの持つエネルギーの流れが変わるが、子供の時から競争することに慣らされている人にとっては、表面的には柔らかな笑顔で装っていても、本人も気づかないうちに相手からエネルギーを奪おうとする癖がついている。相手から何かを引き出そうと、自分が得ようとするばかりで、与えるという意識がないまま、全て自分の都合に合わせようとするし、それがうまくいかないとヒステリックになることもある。対象に直接怒りが向けられない場合は、自分よりも弱い立場の人間や動物にあたったりもする。
奪うことばかりで、与える、がないといつも戦争をしているようなもので、やがて本人が気づかないうちに疲弊し、体や心を病むことになる。
奪う事で満たされようとするのには、限界があるのだ。

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。