ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

Micromax、Android 5.0版CyanogenModを搭載した「YUREKA」を正式発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

インドの人気スマートフォンメーカー Micromax が CyanogenMod を標準搭載した新スマートフォン「YUREKA」を正式に発表しました。長らく噂されていた Micromax と Cyanogen の提携が公式に発表されたことになります。Micromax YUREKA は、5.5 インチ 1,280 × 720 ピクセルの IPS 液晶ディスプレイ(ゴリラガラス 3)や Snapdragon 615 1.5GHz オクタコアプロセッサ、そして、Android 5.0 (Lollipop)をベースに開発された CyanogenMod を搭載しています。スペック的にはミッドレンジクラスのファブレットです。スペックはそこそこなのですが、価格は 8,999 ルピー(約 17,000 円)とエントリーモデル並み。カスタム ROM 「MIUI」を搭載したスマートフォンを販売している Xiaomi といい勝負になりそうです。このほか、2GB RAM、32GB ROM(Micro SD 対応)、カメラは背面に 1,300 万画素(5 層の F2.2 レンズ)、前面に 500 万画素カメラ、2,500mAh バッテリーを搭載。Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、GSM / WCDMA / LTE(Cat 4)などに対応。筐体サイズは 154.8 x 78.0 x 6.0-8.8mm。YUREKA は CyanogenMod を搭載しているということで、root 化したり、ブートローダーをアンロックしても製品保証は有効のまま。また、CyanogenMod M シリーズのように月次でアップデートが提供されます。YUREKA はインドの Amazon を通じて現地時間 2 時より販売されます。Source : Economic Times


(juggly.cn)記事関連リンク
ヤフー、「Yahoo!リアルタイム検索」にTwiterの投稿から電車の遅延情報などを抽出して配信する新機能「遅延なう」を追加
Google、Chromecastの日本向け購入者特典を「NBAリーグパス15%OFF」に変更
BlackBerry、物理キーボード・トラックパッド付きの従来型デザインを採用した「BlackBerry Classic」を正式発表、米国では即日販売開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。