ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

たるみ防止にもなる! 短時間で体をポカポカにするシャワーの浴びかた

DATE:
  • ガジェット通信を≫


今夜は残業、明日は忘年会と、遅く帰宅することの増える年末。今夜はクタクタだから、このまま寝て明日の朝シャワーを浴びよう、なんてことも多くなりますよね。
ただ、この時期の朝シャワーは体が全然温まらず、よけいに寒い思いをするなんてことも…。
ちょっと工夫するだけで、朝の短い時間でも体がポカポカになるシャワーの浴びかたがあるんです。

シャワーは体の背面に当てる

早く体を温めるには、背中側にシャワーを当てることが効果的なんだそう。
背骨の横には太い血管が通っていて、この部分を温めることで血液が温まり、温まった血液が体を巡って全身をポカポカにしてくれるんです。
また、こちらの記事でも紹介していますが、「仙骨」を温めることも大切です。

朝シャワーは立って浴びる

朝のシャワーは、シャワーフックにシャワーヘッドをかけた状態で、立ったまま浴びるのが効率的。
シャワーに背を向け、顔を正面に向けて髪の毛を普通に垂らした状態でシャンプーやトリートメントを流せば、シャワーの温水が背中や仙骨を流れていくので、自然と背中全体を温められます

たるみ解消にも

顔を下に向け、髪を顔の前に垂らした状態でシャンプーをすると、重力によって顔がたるむ可能性大
上記で紹介した浴びかただと、顔を下げてシャンプーしないので、たるみにつながる心配もナシ。
朝シャワーに限らずですが、シャンプーのときに、顔を下に向けるのはおすすめできません。
私自身この方法でシャワーを浴びるようになってからは、真冬でもそれほど寒さを感じなくなりました。時短にもなるし、水を無駄に使うことも減って、かなり助かっています。
bathroom image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
オン・オフで髪型を変えたいときに便利。跡がつきにくい髪のまとめかた
その鏡、大丈夫? メイク下手になっちゃう意外な原因
ゆらぎ肌の救世主! 先塗りオイルケアで冬の肌悩みをオール解決

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP