ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

松阪牛の霜降り肉から希少部位まで!売り切れ必至の「肉おせち」とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年も残すところ、あと2週間弱!そろそろお正月準備が気になる頃ではないだろうか?

お正月と言えば“おせち”だが、肉好きの人にぜひチェックしてもらいたいのが、この「肉おせち」!

・老舗が手がける“肉尽くし”の超豪華おせち

「肉おせち」は、創業140年以上の歴史を誇る老舗「柿安」が手がけたもの。昨年発売したところ、多くの肉ファンの間で話題になった商品だ。

使用しているのは、最高級の松阪牛と黒毛和牛!おせち料理のような枡形のパッケージに、霜降りの美しいお肉が詰められている。

気になるラインナップは4種類。

まず、一番お値段が張るのが、すき焼用リブロース、焼肉用カルビ、ももがセットになった「松阪牛すき焼・焼肉の2段重 肉おせち」(800g/2万円)。

さらに、最高級クラスの松阪牛サーロインすき焼用を詰め合わせた「松阪牛すき焼用 肉おせち」(600g/1万5000円)、すき焼用のサーロイン(400g)・焼肉用のカルビ、ヒレ(各200g) をセットにした「黒毛和牛すき焼・焼肉 肉おせち」(800g/1万3000円)もあり。

ちょっと変わったお肉が食べたい人には、サーロイン、カルビにザブトン、イチボという希少部位を詰め合わせた「黒毛和牛焼肉用 肉おせち」(800g/1万円)がオススメ。

なお、ザブトンは1頭から数キロしかとれない肩ロースの芯の部分で、和牛の中で最も霜降りな部分。イチボは、牛の臀部の先の極少量しかとれない稀少部位で、霜降りの甘さと赤身の旨みが合わさった、通の間で人気の部位だ。

どれもとにかく豪華で、肉のうまみが存分に味わえそう。お値段もなかなかだが、せっかくのお正月、思い切って奮発してみてはいかがだろうか?

12月28日までは、全国の柿安精肉店にて予約可能で、受け取りは12月30日、31日。当日販売も予定しているが、売り切れ必至なので、気になる人は早めにご予約を!

柿安
http://www.kakiyasuhonten.co.jp/brand/2kakiyasu_seiniku/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP