ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GMO新会社、カルチャー支援事業開始 第1弾はEDM

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GMOインターネットは、新会社GMOカルチャーインキュベーション株式会社を設立し、カルチャー支援事業を開始した。

GMOカルチャーインキュベーション社の同事業第一弾は、DJカルチャーの支援活動。世界のトレンドとなっているEDMをはじめとした、DJカルチャーの音楽シーンにおいて日本から世界規模で活動の幅を広げているアーティストを支援する取り組みを行うとのこと。

GMOカルチャーインキュベーション HP トップ

【カルチャー支援活動開始の背景】
 消費スタイルが「モノ」から「コト」へとシフトする中、音楽に対するユーザーの楽しみ方も、「聴くもの」から「楽しむもの」へのシフトがおこっています。具体的には、CD・ダウンロード販売・サブスクリプション型(定額制)ストリーミングといったコンテンツとしての音楽から、フェス・クラブといったイベント参加型の音楽へのシフトです。
 このような中、欧米を中心にブームとなっているのがEDM(Electronic Dance Music)です。EDMのフェスは、DJというパーソナルな存在が、数万人規模のオーディエンスを相手に孤軍奮闘してパフォーマンスを披露するエンターテイメント性の高さが特徴で、欧米では、社会現象といえるまでになってきています。
 コンテンツとしての音楽市場が前年比3.9%減の約1兆5,600億円(IFPI(国際レコード産業連盟)調べ)と停滞する一方、フェス・クラブ市場は4,000億円超(「IMS Business Report 2014」調べ)と拡大しています。同市場の拡大に伴い、スターDJが台頭し、その存在感が増しています。
 こうした背景からGMOインターネットでは、カルチャーやアートの分野に着目し、日本発の文化を世界に送り出すため、カルチャー支援事業を行うことを決定し、GMOカルチャーインキュベーションを設立いたしました。

関連リンク

GMOカルチャーインキュベーション
SHINTARO

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP