ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

秋ドラマで光った新イケメン 千葉雄大、平山浩之、岩田剛典

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年も多くの「顔」に釘付けになった。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏がまとめた。

 * * *
 いよいよ年の瀬。振り返ってみれば、ドラマの新たな楽しみ方が増えた一年のように思います。一言でいえば、「キラリと光る役者」を見つけ出す楽しさが。

 世の中に、まだあまり馴染んでいない顔や名前。キャリアは長いけれど舞台中心だった役者さんや、脇役が多かった苦労人、新人などなど。連続ドラマの中に、そうしたキラリと光る人材を見つけ、次のブレイクを占うという楽しさ。人気が爆発する可能性を自分の目で発見していく楽しさ。

 たとえば……今年の前半、象徴的だったのが、あの人物の登場です。NHK朝ドラ『花子とアン』で、蓮子(仲間由紀恵)のおでこにアドリブでチュっとキスし、女性視聴者のハートをわしづかみにした嘉納伝助役・吉田鋼太郎さん。

 舞台中心に活躍しキャリアは長いけれど、お茶の間ではさほど知られていなかった個性派俳優。実は、私が注目し始めたきっかけは、2013年1月に始まったドラマ『カラマーゾフの兄弟』(フジテレビ系)。深夜枠で始まったドラマに現れた吉田さん、むごくて怖ろしい父親を演じました。テレビの枠をはみ出す暴力的な怪演ぶりに、私の目は釘付け。

 この人誰? そのパワー、尋常じゃない。と、その後の動向を追い続けていたら……いよいよNHK朝ドラという国民的舞台に登場し、一気に大ブレイク。吉田さんの「カラマーゾフ」にご興味ある方はぜひ、当「NEWSポストセブン」の「山下柚実 最新ドラマ時評」コーナーで、バックナンバーを紐解いていただけたらと思います。

 とにかく私が言いたいのは、ドラマの楽しみは筋立てや謎解きや演出だけではない、ということ。「自分にとって未知の役者を、発見していく楽しさ」がたしかにある、ということ。

 という視線で、今期の秋ドラマを振り返ると……イチオシは、『きょうは会社休みます』(日テレ系水曜午後10時)で新人サラリーマン・加々見龍生をいきいきと演じている人。千葉雄大さん。

 くねくねっとしたしぐさ、柔らかそうな白い肌、口びるを尖らせまるで天使のような男子。なかなか難しい個性的な役柄を、躊躇なく、しっかり「やり切っている」。そのあたり、骨太です。可愛らしいビジュアルを超えて、何か固い原石を持っていそうな可能性を感じます。

 2人目は、新たな癒し系としてブレイクしそうな気配漂う中年男性。『ディア・シスター』(フジ系木曜午後10時)で深沢葉月・松下奈緒の恋人を演じる、平山浩行さん。ふと身近に居そうな、普通な感じ。ちょっと天然でヌケているあたりも、ストレス社会の女子たちを救済しそう。草食系というよりも、ゴボウとか、ニンジンといった「根菜系」。つまり、女子の体と心を温めくれそうなキャラクター。世の中はこういう人を待っていたのでは?

 ドラマが始まってからずっと、「どこかで見たことあるなぁ」と思い続けていたのですが、やっとわかりました。CM「チオビタドリンク」で菅野美穂の夫役をやっているあの人だ。存在感が今ひとつ薄くて、空気みたい。何となく人々の意識の奥に潜んでいるあたりもいい。ひつじ年にはぴったり。来年、きそうですね。

 3人目は、同じく『ディア・シスター』で、美咲役・石原さとみの友達、櫻庭永人を演じるEXILEのメンバー、岩田剛典さん。ナイーブな透明感と繊細さ。今っぽいゲイ風ファッショナブル男子に見えるけれど、運動神経がメチャ良い。ご本人は慶応大学時代、ダンスサークルを引っ張っていたとか。
 
「人生一回きりで、この世界に飛び込んだので、中途半端なとこで辞めたくない。とにかくがむしゃらに、熱量だけは誰にも負けない」と、線が細い印象のわりにハートは骨太で熱い。筋肉が発達していそう。つまり、甘いマスクを超えた「奥行き感」があるのです。いい役者に共通しているのは、そうした「奥行き感」ではないでしょうか?

 つまり、今目の前に見えているキャラだけでなく、その背後にたくさんの引き出しを持っている、ということ。だからこそ、次はまたガラリと違うキャラクターを演じることができるのです。

 ドラマを見ながら、役者がひそかに持つ「奥行き」を探るのもまた、ワクワクする視聴法では。この3人のうち、来年は誰が大ブレイクするか大化けするか、とっても楽しみです。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「カラマーゾフの兄弟」フジの無謀な着想力に女性作家が一票
女性作家が視聴の質で選んだ2013冬ドラマ「極私的ベスト3」
ベアトップ姿の矢田亜希子32歳 “魅せる瞳”を撮り下ろし

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP