ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

江本孟紀氏 巨人は金満、肥満に不満と指摘し落合GMにも異議

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 野球評論家の江本孟紀氏は「アホ」という表現を使うが、これは関西で親しみと温かさを込めて使われる言葉で、「変われば良くなる」という期待を込めたもの。2014年の日本プロ野球ペナントレースを振り返り、現在の球界の問題点を指摘した。

 * * *
 しかし今年のペナントはしょうもなかったですね。特にセ・リーグはアホみたいな結果でした。

 シーズン中、巨人の原辰徳監督と話した時、僕は「いまの巨人は金満と肥満やね」といいました。

 年俸が上がればその金額に応じた仕事をしなければいけません。ところが最高年俸の阿部慎之助を筆頭に、働きは年俸に見合っていない。結局今年は3割打者も、打撃ベスト10に入った者もいなかった。さらにこれも阿部が筆頭ですが、ブクブク太る肥満児ばかり。

 原監督はこれを認め、「管理を選手に任せ過ぎた」と悔やんだうえで、「江本さん、金満、肥満に不満を付け足してください」といってきました(笑い)。

 これには原監督自身の不満もありますが、選手からの不満がないという問題がある。カネを十分もらっているためか、4番が7番に下げられても不満をいわないんだそうです。原監督に食ってかかる選手もいなかったらしい。巨人は「三満」に毒されているんですよ。シーズン終盤なんか、12球団一弱いんじゃないかと思うような惨状でしたからね。

 それなのに巨人がリーグ優勝した。もうね、これは他のセ5球団がアホ大賞です。

 ヤクルトと阪神はあれだけタイトルホルダーを出しながら、自分勝手な野球ばかりで自滅。中日は落合博満GMが仕事を勘違いして、本来は選手側に立って補強するべきなのに、コストカットばかりして弱体化した。あれじゃGMじゃなくて球団社長ですよ。
 
 広島、横浜には元々優勝できる力はないから、その意味ではよくやったといえるかもしれませんけど。

※週刊ポスト2014年12月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
解任騒動の元巨人・清武英利氏が野球への思い綴った本が登場
日本ハム栗山監督 原巨人でヘッドコーチになる可能性あった
元巨人広澤克実氏「ドームランは都市伝説。原因はボール」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP