ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界初!ビタミンやミネラルが足りているかを皮膚でチェックできるセンサー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ビタミンやミネラルが体にとって大事な栄養素であることは誰もが知っているところ。だが、実際に日々どれくらいの量をとっているか正確なところはわからない。

そこで、クロアチア拠点のスタートアップが、自分がビタミン・ミネラル不足なのかどうかを調べられるセンサー「Vitastiq」を開発中だ。スマートフォンにつないだ専用ペンシルを指や足などの皮膚にあてるだけで計測できるのだという。

◼電気反応とらえ4段階評価

Vitastiqは、ステンレス製のペンシルと、アプリ(iOS、Android)のセット。使うにはまず。アプリをダウンロードしたスマホのオーディオジャックにペンシルのコードをつなぐ。

そしてアプリに表示される絵に従って、ツボ押しのような感じで指などにペンシルをあてると、センサーが皮膚の電気反応などをとらえ、ビタミンなどが足りているかどうかを4段階評価でアプリに表示する。

◼測定ポイントは あちこちに

これは、ドイツで開発されたEAVと呼ばれる電気電導性測定の手法をベースにしているのだという。

医師を含む開発チームによると、ペンシルをあてる場所によって計測できる項目は異なり、例えばビタミンCであれば左手の親指の爪の左下、カルシウムだと左足小指の爪の左下、といった具合だ。

ペンシルは長さ14.6センチ、直径1.8センチと持ち運び可能で、誰でも使える。使用する前にプロフィールを作成できるようになっているので、1つで家族みんなのデータを計測して、データを保存することも可能となっている。

家族の健康管理に役立てたいという人は、資金調達サイトIndiegogoでのキャンペーン(1月23日まで)をチェックしてほしい。79ドル以上の出資で入手できる。

Vitastiq/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP