ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カレンダー市場に異変 修造・寺門ら有名人キャラ押しが大人気

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 カレンダー市場に異変が起きている。定番の人気アイドルのものを押しのけ、前代未聞の累計24万部(12月11日現在)でダントツのトップに躍り出ているのが、元テニスプレイヤーの松岡修造氏の日めくりカレンダー『まいにち、修造!』である。

 教え子の錦織圭選手が全米オープンで準優勝したことで、今年は各メディアに引っ張りだこだった松岡氏。人気者なのは間違いないが、それだけでこれほど売れたわけではない。 その“熱い”キャラが前面に出た「応援メッセージ」の数々がファンの心をワシづかみにした。

 たとえば〈今日から君は噴水だ!〉。なんのこっちゃ、と先を読むと、〈噴水は、喜びも悲しみも、楽しさも悔しさも、すべてを一所懸命出し切っている。だからあれほどキラキラと輝いているんだよ。君も噴水になってみろよ〉との修造節が。う~ん、やっぱりよく分からないけど、ちょっと元気になる……かも。他にも、

〈僕は春夏秋冬、いつも紅葉している〉
〈自分を持ちたいならサバになれ!〉

 と、「?」が浮かんでしまうメッセージが、修造サンの「変顔」とともに31日分並んでいる。

 解説を読んでもイマイチ意味が分からない言葉が多いが、眺めているうちに独特の熱さに押し切られ、自分も錦織クンになれそうな気がしてくる。販売元のPHP研究所によれば「食べ物ネタが多いのは『くいしん坊!万才』のロケ中に感じた言葉が多いから」(広報担当)なのだとか。

 修造カレンダーに負けない熱量を感じるのが、芸能界イチの「肉バカ(肉好き)」を自任するダチョウ倶楽部の寺門ジモンがプロデュースした肉カレンダー『MEAT JOURNEY 2015』だ。

 寺門が厳選した「必ず食べたい肉料理」が各月を飾る。ステーキ、焼肉、ホルモン、すき焼き……。どの写真からも今にも肉汁がほとばしってきそうなド迫力。中には、長年にわたって取材拒否を続けていたにもかかわらず、ジモンの熱意にほだされ掲載を許可した店舗もある。肉マニアにとっては資料価値の高い一品に仕上がっている。

※週刊ポスト2014年12月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
【AKBカレンダー選抜2】エプロン姿で“いただきまゆゆ♪”
【AKBカレンダー選抜3】桜の花は別れの栞 さしこ卒業式
【AKBカレンダー選抜12】板野友美 猫耳姿で超ハイヒール

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP