ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

佐村河内氏 6100万賠償請求にCD出荷やネット配信停止の苦境

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 神奈川県内の住宅地にある7階建てのマンションの一室。インターフォンを何度押しても応答はない。
 
 ここは「全聾の天才作曲家」「現代のベートーベン」と話題になった佐村河内守氏(51)の自宅だ。付近住民によれば「あの騒動以降、まったく姿を見ない」という。
 
 一躍時代の寵児となった佐村河内氏だが、栄光の日々は長く続かない。今年2月、佐村河内氏の楽曲がゴーストライターの新垣隆氏によって作曲されたものであること、全聾が詐病だという疑惑が『週刊文春』に報じられ、同時に新垣氏によって会見も開かれた。
 
 これを受けて佐村河内氏が3月に開いた“謝罪会見”は長髪にヒゲ、サングラスというそれまでの姿を止めて報道陣を驚かせたものの、「新垣隆氏を訴える」と不満をあらわにした発言でさらなる批判を浴びる結果となった。
 
 苦境はまだ続いている。今年3月に予定していた全国ツアーがゴーストライター問題で中止に追い込まれたとして、コンサート企画会社のサモンプロモーションが佐村河内氏に約6100万円の損害賠償を求めて提訴した。そのため佐村河内氏の財産を保全するため、提訴前に大阪地裁を通じ、冒頭の自宅マンションを仮差し押さえしたのである。
 
 原告側が財産保全を急いだ背景には、佐村河内氏の厳しい経済状況がある。騒動発覚後、CD出荷やネット配信はすべて停止。JASRAC(日本音楽著作権協会)も、佐村河内氏の作品の使用許可を停止し、使用料を払っていない。

※週刊ポスト2014年12月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
雑誌スクープ後追いの新聞「一部で報じられた」等の表現横行
佐村河内氏の義母「娘が共犯者にならんとええ。それが心配」
佐村河内氏の義母告白「訴えるとか普通じゃない。もう諦めた」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP