ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リアルムーミンが日本にやってきた!  トーベ・ヤンソン生誕100周年でムーミンヲタが名古屋に集結!    

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 家具ショップのIKEAや、雑貨チェーンのタイガー、マリメッコなどのファブリック、イッタラの食器など、最近、女性を中心に人気の高い北欧デザインの製品。モダンなデザインや、ほっこりとぬくもりを感じさせる素材感、機能性を併せ持つ”北欧産”のインテリアですが、これらを生み出した背景には、北欧の気候が密接にかかわっています。スウェーデンやフィンランドなど、冬が長い北欧諸国では、家の中で過ごす時間が長いため、室内のインテリアはとても大切なもの。そのため質の高いインテリアが求められ、それに応じて育まれていったのです。

 そんな北欧フィンランドで誕生し、日本はじめ世界各国で愛されているキャラクターと言えば、ムーミン。今年はムーミンの生みの親、トーベ・ヤンソンさん生誕100周年ということもあり、関連書籍の出版も相次ぎました。その中の1冊が、本書『ムーミンの生みの親、トーべ・ヤンソン』。原作者の知られざる素顔に迫った本書ですが、ムーミン一家の”本質”を知る手引きとして、ぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

 書籍以外にも、今年はありとあらゆる関連グッズが発売され、インテリア周りにもムーミングッズやモチーフを取り入れる人々も増えています。今年9月には、ロッテ「キシリトールガム」とコラボレーションした「ムーミン デザインボトルガム」など関連グッズも多数発売されたので、目にした方や実際に手にした方も多かったのではないでしょうか。また、原画展「MOOMIN! ムーミン展」を皮切りに、関連イベントが目白押しの1年となりました。近年、作品の魅力が再評価されたことも相まって、いまやムーミンはアニメキャラクターの境界を越えて、北欧文化・デザインを代表するアイコンとなりつつあるのだとか。

 そして、ムーミン・イヤーの締めくくりにふさわしいイベント「TRAVELLERS in北欧クリスマスストリート」が、11月29日から12月28日まで名古屋で開催されております。日本最大級の北欧イベントとして、本国フィンランドのテーマパーク「ムーミンワールド」から、本物のムーミンはもちろん、パパやママ、さらにスナフキン、ミイも緊急来日。ムーミンファミリーが全員そろってやってくるのは本邦初とのことです。実際にムーミンの世界が体験できるうえに、”リアル”ムーミンに会えるという、ファンには見逃せないイベントとなりそうです。

【関連リンク】
ムーミン デザインボトルガム
http://www.lotte.co.jp/products/brand/xylitol/moomin.html

TRAVELLERS in北欧クリスマスストリート
http://travellers.voyage/

■関連記事

なぜ日本のマンガはすごいのか?
「歌舞伎フェイスパック」が大ヒット、ところで"隈取"ってナニ?
文字総数1万9000字!「道重さゆみ年表」の製作者・相沢直氏 12月8日には関連イベントも

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。