ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「壁ドン」の次に来るらしい「肩ズン」って何?まさかの予測に「さすがにこれは…w」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年、「元ネタと意味ちゃうやんけ」とネット上で物議を醸しつつも、いつしか定着しきった感のある「壁ドン」。そもそもだったうるさい隣人に対する抗議ではなく、なぜかイケメンが強引に女性を口説く際に用いられる行為としてCMなどで広まったこの「壁ドン」について、既に「古い」と指摘し、「壁ドン」に代わる新たなアプローチの仕方が週刊誌の記事で取り上げられている。

12月16日発売の『週刊SPA!』で紹介された、壁ドンに代わる新たなアプローチとは、「肩ズン」。これは心理カウンセラーの小高千枝氏によ って提唱されたもので、男性がいきなり女性の肩にもたれかかり、「疲れたー」「俺もうだめだー」などと弱音を吐くという行為とのこと。記事によると、こうした行為をすることで、女性は母性本能が刺激され、男性を癒したくなるのだという。

しかしこの内容について、ネット上からは「さすがにこれはないわw」「いきなりやったら確実に悲鳴だな」「ぼっちの俺は壁ズン」「90年代のカラオケのイメージ映像かよw」「相手を確保してからの話はいいんだよ。問題はその前だ」と、数多くのツッコミが。実行者である男性からは「※ただしイケメンに限る」といった声が、ターゲットとなる女性からも「普通に通報するからw」と、実も蓋もない声が相次いでいる。

とかく、この手の内容というものは、次から次へと大手マスコミによって紹介されてはいるが、その成功例に関する報告があまり見られないのもまた事実。「壁ドン」の次にブームとなるかもしれないこの「肩ズン」、果たして一般に広まるのかどうか、気になるところだ。

文・今岡憲広

関連記事リンク(外部サイト)

ゲーセンに現れた「回転蹴り男」の映像にネット上からは冷ややかな声
テリー伊藤が『スッキリ!!』で発言した選挙に関する発言がネット上で物議
セルティックが粋なクリスマスプレゼント!失業中のサポーターへ無料チケット
GoogleでYahoo検索?Googleの2014年検索ランキングが意外な結果に
「2014年期待を裏切った助っ人外国人は?」 楽天が獲得した大物選手がズラリ…

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP