ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ビルボード】テイラー・スウィフト 洋楽チャート1位に返り咲き!マライアの「恋人たちのクリスマス」が3位に急上昇

DATE:
  • ガジェット通信を≫
【ビルボード】テイラー・スウィフト 洋楽チャート1位に返り咲き!マライアの「恋人たちのクリスマス」が3位に急上昇

 3週にわたり1位に君臨したワン・ダイレクションの「スティール・マイ・ガール」を降し、テイラー・スフィフトの「シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!」が、Billboard JAPAN洋楽チャートにて9週目の1位を手にした。

 チャートイン17週目にして、再び1位に返り咲いたテイラー・スフィフトの「シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!」。衰えることのないデジタル・セールスとツイート・ポイントに加わり、今週エアプレイ・チャートにて先週11位から4位へと順位を上げたことがきっかけとなり、再びに首位に。このまま1位をキープすれば、今年ファレルの「ハッピー」が打ち立てた10週1位というBillboard JAPAN洋楽チャート史上初の記録と並ぶことになる。絶好調だったワン・ダイレクションの「スティール・マイ・ガール」だが、エアプレイ・チャートではワンランク下げ2位、デジタル・セールスも落ち着いてきたことが要因となり、今週テイラー・スウィフトに王座を譲ることとなった。

 そして3位に順位を上げてきたのが、マライア・キャリーによる「恋人たちのクリスマス」。今年リリースから20周年を迎えたこともあり、例年よりスポットライト浴び、ツイート・ポイントを稼いでいるのに加え、デジタル・セールスでも健闘しており、例年より勢いを増し、チャートを上昇している。さらに、ワム!の「ラスト・クリスマス」は7位にランクアップ、ジョン・レノンの「ハッピー・クリスマス(戦争は終った) 」が10位に登場するなど、定番のクリスマス・ソング勢もじわじわと順位を伸ばしてきている。

 今週4位にランクインし、トップ10圏内に返り咲いたのは、セールスを中心とした様々な年間チャートを総なめにしているファレルの「ハッピー」。エアプレイ・チャートでも、先週71位から今週9位へと大ジャンプアップを果たし、再びチャートを賑わすことに。さらに、今年最大の新人と称され、グラミー賞でも主要4部門にノミネートされているサム・スミスの「ステイ・ウィズ・ミー~そばにいてほしい」は今週5位に、来年初頭の日本デビュー・アルバム・リリースに先駆け、順位を着実に上げてきている。

関連記事リンク(外部サイト)

12月22日付 Billboard JAPAN 国内洋楽チャート
スクリレックスがG-DRAGON(BIGBANG)、CL(2NE1)出演のMVをプレミア公開
サーカ・ウェーヴス 遂に来年3月デビューアルバムのリリースが決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。