ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ビルボード】アニメ『君嘘』クラシックコンピ4週連続首位独走、年末風物詩ベートーヴェン「第九」3枚同時チャートイン

DATE:
  • ガジェット通信を≫
【ビルボード】アニメ『君嘘』クラシックコンピ4週連続首位独走、年末風物詩ベートーヴェン「第九」3枚同時チャートイン

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albums第1位は、4週連続の首位となった『四月は君の嘘 僕と君との音楽帳』。中学生のピアニストとヴァイオリニストの成長を描いたアニメ『四月は君の嘘』の中で使用されたクラシック作品を集めたコンピレーションアルバムだ。以下、2位に来日公演を行っていた指揮者パーヴォ・ヤルヴィ&ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメンの2014年来日記念盤が初チャートイン。3位のサラ・オレイン『SARAH』は12回目のチャートイン、4位の千住真理子『千住真理子ベスト』は2回目のチャートイン、5位『0歳からの育脳クラシック』はなんと132回目のチャートインを飾るなど、チャート常連が上位を賑わす結果となった。

 ブラームス交響曲の全曲公演で来日していた、指揮者パーヴォ・ヤルヴィ&ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメンの2014年来日記念盤が、初チャートインで2位を獲得。ドイツ・ロマン派の巨匠ブラームスを新たな角度で見つめ直すプロジェクトを開始し、24曲のハンガリー舞曲のうちブラームス自身がオーケストラ編曲を手掛けた1番、3番、10番を収録。またベートーヴェン「レオノーレ」序曲やシューマン「マンフレッド」序曲なども同録。今回の来日公演の様子は2015年2月15日にNHKのEテレ「クラシック音楽館」で放送される予定。

 2014年11月30日で没後60年を迎えた巨匠ヴィルヘルム・フルトヴェングラー。このアニバーサリー・イヤーに際しリリースされた「第九」が9位と11位に2枚同時のチャートイン。9位の『ヒトラーの第九』は国内初出音源。1942年、ヒトラーの誕生日祝賀演奏会でフルトヴェングラーに「第九」を指揮させるようと画策した宣伝大臣ゲッベルスの圧力の前に、遂に屈したフルトヴェングラー。戦時下にナチスの党幹部を背にして行った演奏は、まるで怒りの爆発のような凄絶さ。今週で3週連続のチャートインとなった。

 更に13位にはもう1枚の「第九」がチャートイン。活動拠点をアメリカからヨーロッパに移したバーンスタインが61歳の円熟期、ウィーン・フィルハーモニーと共演したライヴ録音。1980年度レコード・アカデミー賞大賞に輝く名演だ。ソリストもギネス・ジョーンズ、ハンナ・シュヴァルツ、ルネ・コロ、クルト・モルという蒼々たる顔ぶれ。17位にもバーンスタイン指揮のマーラーの九番がチャートイン。前述第九と同年の1979年に録音された。ベルリン・フィルとの、エネルギッシュで重厚な、歴史的名演と呼ぶに相応しい一枚となっている。

 14位には、イタリアで研鑽を積みながら幅広いレパートリーを持つテノール歌手、山本耕平のデビュー・アルバム『Mi manchi』が初登場。「愛の妙薬」「トスカ」「アルルの女」よりオペラアリア、イタリア歌曲、ドイツ歌曲など、自身の思い入れある楽曲を堪能出来る内容となっている。大晦日にはオーチャードホール、来年1月3日にNHKホールで行われるコンサートに、それぞれ出演する予定。

text:yokano

関連記事リンク(外部サイト)

12月22日付 Billboard JAPAN Top Classical Albums
フランスを代表するシンガー、ZAZ来日決定
劇団四季×niconicoが新コンテンツの配信をスタート

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。