ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

グループ出場禁止だった紅白歌合戦 ダーク・ダックスで解禁

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 第65回を迎える『NHK紅白歌合戦』。アナ雪や妖怪ウォッチなど2014年の大ヒットものから、中島みゆきやサザンオールスターズといった大物出場まで注目度は例年以上だ。

 そんな紅白歌合戦の長い歴史の中には意外な事実も。実は当初はグループ出場が禁止だったのである。

 グループの出場は、1958年、『ともしび』が大ヒットとなったため、ダーク・ダックスが第9回に出場して解禁になった。

「紅白対抗戦なので、紅組にもグループをと考えてNHK側は水谷良重、東郷たまみ、朝丘雪路の“親の七光り三人娘”を考えたんですが、前年にソロで出場していた朝丘が拒否しました。代わりに沢たまきが出場したんです」

 紅組は女性、白組は男性と規定されていたため、男女の混成グループ出演はNGだったが1968年に大ヒットしたピンキーとキラーズのデビュー曲『恋の季節』によって解禁された(第19回)。

「出場が内定したんですが、紅白どちらの組で出るのか、NHK内部でもめにもめたんです。結局は『ピンキー(今陽子)が主役』ということで紅組に決まりました」

※女性セブン2014年12月25日・2015年1月1日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
マッサン主題歌・中島みゆきにNHKが12年ぶり紅白出場を懇願
【紅白歌合戦トリビア】「1年に2度」行なわれたことがある
今年の紅白歌合戦出場者を大胆予想 演歌歌手の数は8割減少

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP