ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【紅白歌合戦トリビア】「1年に2度」行なわれたことがある

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いよいよ年末、NHK紅白歌合戦がやってくる。そこで紅白を楽しく見られるトリビアを紹介しよう。

【タモリが司会したことがある】
 1983年の第34回で総合司会を担当。派手な電飾ファッション&サングラスで登場し、「選手宣誓、いってもいいかな?」、客席から「いいとも~」の一斉コールで番組がスタートした(『笑っていいとも!』は1982年10月スタート)。

【出場するとトロフィーが貰える】
 NHKは出場歌手全員にトロフィーを贈呈している。初出場のときだけでなく、出場すれば毎回もらえる。1980年代は高さ70センチほどの大きさだったが、グループ出場の急増に伴って、小さな楯に変更。合わせて出演証書も贈られる。

【「1年に2度」紅白が行なわれたことがある】
 1953年1月2日に第3回、12月31日に第4回が行なわれた。現在のように大晦日に定着したのは第4回から。ちなみに第1回~第3回まではラジオ放送。

●監修/石山裕(ジャーナリスト)

※週刊ポスト2014年12月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
グループ出場禁止だった紅白歌合戦 ダーク・ダックスで解禁
紅白出場者最少県は石川(1人)次点は福井、鳥取(2人)
マッサン主題歌・中島みゆきにNHKが12年ぶり紅白出場を懇願

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP