ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

嫁姑関係こじらせぬ秘訣 姑に何を言われたかをノートにメモ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いつの時代も女性にとって大きな問題となる嫁姑の関係。波風立てずに穏便に済ませるにはどうしたらいいのか。その秘訣を聞きにプロを直撃した。

「嫁姑問題は、価値観の異なる女同士の闘いなので、仲よくするというのは非常に難しい。でも、穏便に済ませる方法はあります」

 こう話すのは人気ラジオ番組『テレフォン人生相談』(ニッポン放送)のアドバイザーを30年にわたり担当する大原敬子さんだ。その方法とは、姑に対する怒りや恨みを自分の中にためないようにすること。

「姑に対する日々のイライラを自分の中にため込んだり、人に話したりするとエスカレートしてしまう。そうならないよう、ノートに『姑に何を言われたのか』『その時の正直な自分の気持ち』を具体的に記録するんです」(大原さん)

 そして、1か月分の記録がたまったら、誰もいないところで読み返して冷静に分析するのだ。

「振り返りながら分析すると、姑の要求は何だったのか正確に把握できます。そうすることで『いつも要求することは何か』、『怒りやすいポイントは何か』といった傾向と対策を得ることができます」(大原さん)

 そうやって穏便に済ませておけば、いずれ嫁姑の力関係を変えるチャンスがやってくるのだという。

「例えば老後のことを話せば、嫁の協力なしには今後の生活が成り立たないことが姑にもわかる。力関係はいつも同じでないことを相方が理解します。そうすると姑はいたずらに嫁を攻撃できなくなります。一定の距離を保つことができ、今以上に関係がこじれることは少なくなります」(大原さん)

※女性セブン2014年12月25日・2015年1月1日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
室井佑月 カンニングに警察を介入させた京都大学にがっかり
「掃除」と「片付け」は別もの ゴミは12月20日までに出そう
『ホンマでっか!?』の脳科学者「祖母は孫の頭をよくする」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP