ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今、1番食べたいトッピングは?潜在意識をあぶり出すPizza Hutの新アプリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

いよいよクリスマスが来週に迫った。当日は自宅でファミリーパーティを開いて、宅配ピザを頼もうかな、と考えている人もいるかもしれない。しかしいざ頼もうとなると、ピザのメニューは思った以上に多く、結局自分が今どれを食べたいのかわからず、迷いに迷ってしまう……。そんな悩めるあなたには、大手ピザチェーンPizza Hutが開発中のアプリは朗報だろう。

ユーザーが食べたいもの、“潜在意識”をあぶり出すアプリ

これまでチェーン店といえば、スピード勝負、ドライブスルーの設置など、「いかに早く、便利にするか」という点に重点が置かれてきたが、この新しいアプリは、顧客の満足度にフォーカスを当てた新しいサービス。スウェーデンのアイトラッキングシステム開発を手がけるTobiiと提携して開発され、顧客の“潜在意識”に応じたオーダーを提案してくれるという。

使い方はこうだ。まず、アプリをタッチして開くか、あるいはアプリのアイコンをしばらく注視してアプリを起動する。起動したら、画面内にはピザの一般的なトッピングの画像イメージが表示される。トッピングは、バジル、トマト、タマネギ、チーズ、トウガラシなどなど。

カメラがユーザーの目の動きをキャッチ

ユーザーが画面内を見ていると、スマートフォンやタブレットに内蔵されているカメラが、ユーザーの目の動きを追跡する。追跡された目の動きは解析され、どのトッピングアイコンに視線が長く留まっていたかを判断。それをもとに、ユーザーが現在心に抱いている志向、ニーズを仮定し、どのトッピングがおすすめなのかを決定する。

ユーザーは提案されたオーダー案を見て、そのまま承認して注文してもよいし、好きなように変更を加えてもよい。

2015年度中にローンチ予定

現在アプリは未だ開発段階にあるものの、Pizza Hutとしては2015年度中には実用したい考えだという。ユーザーにとっては、なかなか自ら把握できていなかった、今もっとも求めているトッピングを認識したり、あるいは「こんなメニューに興味があったんだ」などと、ユーザー自身にも新しい発見があったり、ワクワクする体験ができるかもしれない。

優柔不断なユーザーや、食べたいものが多すぎるユーザーにとっては、このリコメンドアプリは、メニューを決める際に心強い相棒になってくれそうである。

Pizza Hut Restaurants Subconscious Menu

Tobii

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP