ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

矢野顕子×TIN PAN(細野晴臣/林立夫/鈴木茂) 、NHKホールでのライブがCDリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

矢野顕子×TIN PAN(細野晴臣/林立夫/鈴木茂) 、NHKホールでのライブがCDリリース

ニューヨークに拠点を置き、音楽活動を行っている矢野顕子が、毎年日本へ里帰りして開催している年末恒例の「さとがえるコンサート」。今年は福岡・名古屋・大阪・東京の4都市で開催。チケットは全会場ソールドアウトというプレミアムなライブとなった。

今回は、矢野のファーストアルバム「JAPANESE GIRL」でのセッション以来の仲であるTIN PAN(細野晴臣/林立夫/鈴木茂)との共演ライブという形で行われた。音楽ユニットTIN PANは、松任谷正隆を加えたバンド、ティン・パン・アレーとして1970年代のミュージックシーンに大きな足跡を残したが、現在のメンバーでの活動に移ってからもさまざまな場面で矢野と活動を共にし、お互いに実は初となった本ツアー。

そのファイナルを12月14日に東京・NHKホールで迎え、矢野が書いた新曲「A Song for Us」をはじめ約2時間という共演内容で無事に終了。このライブ音源のリリースなどサプライズなアナウンスもあった。

一曲目の「大いなる椎の木」で、客席の気負いはほぐれていく。自在に展開していく矢野顕子のヴォーカルに、TIN PANの3人はそっと寄り添うような演奏で曲をスイングさせる。自らのテクニックをひけらかすのではなく、歌の鼓動を魅力的に伝えるアンサンブルのために、全員がその卓越した演奏技量を集中させている。演奏を聴いているうちに、実は昔からこの4人で活動を続けてきたのではないかと錯覚してしまいそうだ。

矢野の曲だけでなく、細野や鈴木の楽曲や内外のカヴァー曲、そして4人のために書き下ろされた新曲までの多彩な楽曲が、それぞれのリアルな息づかいとともに心の奥に届けられてくる。そんなとびきり贅沢な、音楽を聴く喜びを再確認させてくれる時間だった。

また、この東京・NHKホールでの模様がWOWOWプライムにて大晦日の12月31日 14:00よりオンエアされる。そして、この歴史的瞬間を記録したライブの作品化も決定。2015年にCDとしてリリース予定となっている。矢野とTIN PANの4人による、お互いを知り尽くしたミュージシャン同士によって紡がれた絶妙かつリラックスした音楽空間が永久保存盤としてリリースされる。詳細については、さとがえるコンサートのオフィシャルサイトで随時公開していく。

(Photo by Kenji Miura)

12月14日(日) @NHKホール東京セットリスト
第一部
1: 大いなる椎の木
(作詞:矢野顕子/作曲:矢野顕子)矢野顕子「JAPANESE GIRL」(1976)収録
2: Wichita Lineman
(作詞/作曲:Jimmy Webb) グレン・キャンベル「Wichita Lineman」(1969)収録
3: 思い出の散歩道
(作詞:松本隆/作曲:馬飼野俊一) アグネス・チャン「アグネスの小さな日記」(1974)収録
4: The End of the World
(作詞:Sulvia Dee/作曲:Arthur Kent) 「スキーター・デイヴィス」(1963)収録
5: I’m Moving on
(作詞:Hank Snow/作曲:Hank Snow) 「ハンク・スノウ」(1950)収録
6: ソバカスのある少女
(作詞:松本隆/作曲:鈴木茂) ティン・パン・アレー「キャラメル・ママ」(1975)収録
7: 冬越え
(作詞:細野晴臣/作曲:細野晴臣) 細野晴臣「HOSONO HOUSE」(1973)収録
8: A Song for Us(新曲)
(作詞:矢野顕子/作曲:矢野顕子) 矢野顕子 新曲(2014)

第二部
1: へびの泣く夜
(作詞:糸井重里/作曲:矢野顕子) 矢野顕子「音楽堂」(2010)収録
2: 水彩画の町〜乱れ髪
(作詞:松本隆/作曲:大滝詠一) 大瀧詠一「大瀧詠一」(1972)収録
3: 終わりの季節
(作詞:細野晴臣/作曲:細野晴臣) 細野晴臣「HOSONO HOUSE」(1973)収録
4: 氷雨月のスケッチ
(作詞:松本隆/作曲:鈴木茂) はっぴいえんど「HAPPY END」(1973)収録
5: こんなところにいてはいけない
(作詞:糸井重里・矢野顕子/作曲:矢野顕子) 矢野顕子「荒野の呼び声」(2012)収録
6: ポケットいっぱいの秘密
(作詞:松本隆/作曲:穂口雄右) アグネス・チャン「アグネスの小さな日記」(1974)収録
7: 変わるし
(作詞:矢野顕子/作曲:矢野顕子) 矢野顕子「akiko」(2008)収録

アンコール
1: 絹街道 (作詞:細野晴臣/作曲:細野晴臣) 細野晴臣「トロピカル・ダンディ」(1975)収録
2: ひとつだけ (作詞:矢野顕子/作曲:矢野顕子) 矢野顕子「ごはんができたよ」(1980)収録

関連リンク

矢野顕子 オフィシャルサイトhttp://www.akikoyano.com/
「さとがえるコンサート」オフィシャルサイトhttp://satogaeru2014.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。