ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

RIP SLYME 映画『ミュータント・タートルズ』日本語版テーマソングに決定、メンバーをタートルズに例えると…?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2015年2月7日に全国公開となる映画『ミュータント・タートルズ』の日本語版テーマソングをRIP SLYMEが担当していることが明らかとなった。

 映画『ミュータント・タートルズ』は『トランスフォーマー』シリーズのマイケル・ベイのプロデュースにより、新しく生まれ変わったアクション・アドベンチャー超大作。全米公開では2週連続No.1を達成し、現在までに全世界で約4億7720万ドル(約568億円、1ドル=119円換算12/12現在)を記録。すでに2016年に続編公開も決定しているヒット作だ。

 本作の日本語版テーマソングを手掛けるRIP SLYMEは、アメリカでジューシー・J、ウィズ・カリファ&タイ・ダラー・サインが歌う「シェル・ショックド」のオリジナルトラックに書き下ろしの歌詞をのせた「ナイショデオネガイシマス」を制作。RIP SLYMEがハリウッド映画で書き下ろしのテーマソングを担当するのは初めてで、映画への楽曲提供は2012年『僕達急行 A列車で行こう』以来となる。

 今回のオファーを受けて「至極光栄だった!」と語るRIP SLYMEのメンバーからコメントが到着。書き下ろしの歌詞について、「どう日本っぽさを出すかを考えました」(ILMARI)「タートルズは秘密の存在なので、(サビの部分の歌詞を)ナッ、ナッ、ナイショデオネガイシマスに変えました」(RYO-Z)
「自分たちのことかな、と感じました。RIP SLYMEは20年前からやってきて友情があり、タートルズも小さい頃から一緒に育って親密な関係性があって共通点がある」(SU)「(ヒロインの)エイプリルの距離感でタートルズを応援する立場で書きました。4人(のカメ)と1匹(のネズミの師匠)をイントロデュースできたと思います」(PES)とコメントを残している。

 すでに映画を観たメンバーは「雪山のシーンがスピード感満載!」「エレベーターでタートルズがビートボックスするシーンがいい!僕らもいつもエレベーターでやってます!(笑)」と大絶賛。更には「小さい時からカメが好き!30歳の誕生日にメンバーの皆からつがいのカメをプレゼントされた」(FUMIYA)とカメにまつわるエピソードも明かしてくれた。

 メンバーを映画のキャラクターにあてはめるならばとの問いに、赤の特攻隊長ラファエロはRYO-Z、紫の頭脳派メカオタク・ドナテロはPES、青のリーダー・レオナルドはILMARI、オレンジのお調子者ムードメーカー・ミケランジェロはSU、そしてタートルズの師匠スプリンターはFUMIYA、と語ってくれた。

 RIP SLYMEが手掛ける日本語版テーマソング「ナイショデオネガイシマス」は、映画『ミュータント・タートルズ』の2015年2月7日の公開に向けて、1月中旬頃よりTV・WEBメディアを中心に様々な宣伝展開の中で起用されるとのこと。尚、本楽曲のCDリリース及び配信日程は未定。

◎映画公開情報
『ミュータント・タートルズ』
2015年2月7日(土)全国ロードショー
info:http://www.turtles-movie.jp/

関連記事リンク(外部サイト)

【unBORDE Xmas PARTY 2014】第2弾できゃりー、高橋優、RIP SLYMEら出演決定
RIP SLYMEによる【真夏のWOW】開催、スチャにライムスに先輩&後輩共演にファン熱狂
RIP SLYME 『リーガルハイ』主題歌「SLY」MV解禁

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP