ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

豪華3万円おせちの原価は8000円 ロブスター1尾730円など

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 9月下旬、大阪市内のとあるイベントスペースで、100社を超える業務用食品製造業者がブースを出す見本市が開かれていた。

 中でも一際賑わっていたのが、「おせち料理食材」を扱う業務用食品製造会社のブースだった。ある百貨店の食品部門バイヤーは「一番の売れ筋は3万円台」と語るが、そんな「豪華おせち」にも、真空パック詰めの冷凍食材がふんだんに使われているのだ。業務用食品製造業者の営業担当が匿名を条件にこう話す。

「おせちに関しては、百貨店や料亭、割烹料理屋、ホテル、旅館まで幅広く取引している。納入の仕方は様々で、うちで重詰めまでして納品することもあれば、真空パック詰めの食材だけ納入して取引先で詰め込むケースもある」

 市場拡大を続ける宅配豪華おせちは主力商品になっていて、年間スケジュールも綿密に立てられている。

「新年を迎えるとすぐに、翌年のおせちメニューの検討を始めます。製品が決まると、新作発表会や見本市を経て、得意先の感触を調べたうえで、夏の終わり頃から工場で本格的に大量製造を始める。得意先と相談しながら、10月には注文個数が固まる」(同前)

 つまり記者が潜入した9月末の見本市は発注期限ギリギリのタイミング。どうりで活発な商談が交わされていたわけだ。華やかなおせち商戦の裏側では、そうした食品業者が「有名店の味」をせっせと大量製造しているというわけである。

 本誌が入手した冷凍おせち食材の卸売り業者の内部資料には、定番メニューの納入単価が明記されている。

 たとえば、「かずのこ松前漬け1kg 1750円」「紅白なます1kg 1150円」「ぶり照り焼き16切れ 900円」「真だら子うま煮1kg 1880円」などとあり、「黒豆」は2リットル入り(1kg瓶)が1300円で見積もられている。

 注文ロットは最低でも10、多いものは40とある。かずのこなら12kg、なますは10kg、黒豆は24リットル単位で仕入れなければならないことになり、さすがに業務用らしい取引量だ。発注する側が数百食単位のおせちを作ろうとしていることがわかる。食材はいずれも「冷凍マイナス18度以下」での保存が必要と書かれている。

 この内部資料に記された数量と単価をもとに売れ筋とされる3万円おせち(3~4人前)の原価を試算した。

 伊達巻は18cmの冷凍品が530円で1切れ約50円。3切れなら約150円となる。海老の旨煮(3尾、約200円)、味付き数の子(3本、約500円)、イクラの醤油漬け(50g、320円)、花餅(3個、360円)、紅白かまぼこ(4切れ、60円)、味付きくわい(3個、120円)……といった具合に定番の22品目を足し合わせると約7400円。

 それに重箱の中央に配されるロブスター(1尾、約730円)を足すと原価は約8000円となる。さらに鮑の割烹煮(1個、980円)のような高級食材が入ってくる商品は販売価格が押し上げられる。

※週刊ポスト2014年12月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
川越達也シェフおせち 和洋料理とロールケーキで14800円
節約手づくりおせちの心得は「夕方」「クリスマス前」
服部幸應氏 1970年代~2000年代以降のおせちのトレンド語る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP