ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

業界初!プリペイドSIMカード付ムック本を入手したらすること

DATE:
  • ガジェット通信を≫

業界初!プリペイドSIMカード付ムック本を入手したらすること2014年は「格安SIM」「格安スマホ」が徐々に浸透し、日経トレンディが発表した「2014年ヒット商品ベスト30」の第9位に格安スマホが輝くなど、MVNO業界全体にとって躍進の1年でした。そんな1年をしめくくるかのようなムック本が12月12日、エムオン・エンタテイメントより発売されました。それが業界初・SIMカード付SIMガイドブック「デジモノステーション1月号増刊 SIM PERFECT BOOK 01」です。
驚くことに、Amazonでは発売を前に予約完売し、取扱の書店・コンビニエンストアでもほぼ当日完売したとのこと。

本誌の魅力はなんといっても1,500円という価格で高速データ通信 500MBの容量がついた「BIC SIM」のプリペイド式オリジナルバージョンのSIMカードが付属している点にあります。通常のBIC SIMのプリペイドパック(パッケージ価格4,093円で2GBの高速データ通信付き)と比べると通信容量は少なめですが、SIMカードに興味はあるけれど、まだ使ったことのない人がお試しとして使うにはちょうどいい価格とプラン内容といえます。

SIMカードだけでなく、誌面内容も充実しています。スマホ・ケータイファンにはお馴染みのモバイルライター、石野純也さんが8割編集しているとあり、「SIMカードやMVNOって何?」「どのスマホで使えるの?」「SIMってどこで売ってるの?」「月々どれくらい節約できるの?」といった基本的な情報から、SIMフリー市場のコラムにいたるまで、オールカラー80ページとなっています。

正直、SIMカード付という話題だけが先行していて誌面はどうなのかな?と思っていましたが、SIM通編集部内でも「これはスゴい!」「分かりやすい!」という感想ばかり。 

業界初!プリペイドSIMカード付ムック本を入手したらすること

冒頭で触れたとおり、発売当日ほぼ完売状態となり、出版元にも在庫はなく、増刷については現在のところ未定。そうした状況もあってか、Amazonに出品されている中古価格は定価を上回る状況です。オリジナルSIMカードの調達などあるでしょうけど、これはぜひ増刷してもらいたいですね。

 

業界初!プリペイドSIMカード付ムック本を入手したらすること

さて、気になるSIMカードの使い方ですが、こちらはIIJmioプリペイドパックの手続き方法と同じ。24時間年中無休のIIJmioオンデマンド開通センターに電話し、音声ガイドに従ってSIMカードの裏面に記載された「電話番号」と「パスコード」を入力します。

業界初!プリペイドSIMカード付ムック本を入手したらすること

続いてSIMカードを取り外し、利用するスマホのSIMスロットへ挿入します。

業界初!プリペイドSIMカード付ムック本を入手したらすること

 

スマホの電源をONにしたらAPNの設定を行います。今回、SIM通編集部が利用したのは、2014年11月8日に発売されたZenFone 5です。このZenFone 5は最初から多くのAPNが登録されているため、これまで手動で行っていたAPN設定を入力しなくても大丈夫。APN一覧に書かれている接続先を選択するだけで接続が完了します。

APN登録が行われていない機種の場合は、手動による設定が必要となります。APN設定は、AndroidスマホとiPhoneで方法が異なります。SIM通では、APNの設定方法についても紹介しているので、以下のリンクを参照ください。

iPhone 6/6 Plusでdocomoの格安MVNO SIMを使う!

Nexus 5の格安SIM設定方法

※「Nexus 5の格安SIM設定方法」ではOCNモバイルONEを用いて説明しています。今回紹介しているIIJmioのSIMとは、入力内容に多少違いがあるため、気をつけましょう。

 

業界初!プリペイドSIMカード付ムック本を入手したらすること

当然といえば、当然なのですが、問題なくネット接続できました。

500MBのデータ容量を使い切ったら、IIJmioクーポンカードを購入してデータ容量の追加や、月額プランへ移行することも可能です。このムック本で初めて格安SIMを使い、このまま使いたいと思った場合、新たにSIMを購入せずに使えるのは大きなメリットですね。

今回はBIC SIM powered by IIJのオリジナルSIMカードでしたが、次回は一体どことコラボするのか?そもそも次回はあるのか?気になります。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。