ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大ヒット中の『ゴーン・ガール』エイミーを演じたロザムンド・バイクの起用理由は「一人っ子」だったから

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


『セブン』、『ドラゴン・タトゥーの女』など世界中の映画ファンを虜にしてきた映画界の鬼才デヴィッド・フィンチャーの最新作『ゴーン・ガール』が大ヒット公開中。全米では、公開10週連続トップ10をキープ、全世界の興行収入累計が、フィンチャー監督のこれまでの最高記録『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』の3億3390万ドルを超え、自身のキャリア最高記録を樹立しました。

【関連記事】『ゴーン・ガール』クロスレビュー/ここで終わるだろうなってとこで終わらない超絶技スリラー
http://getnews.jp/archives/716436 [リンク]

その勢いは止まることを知らず、ハリウッド賞レースの幕開けとなるハリウッド・フィルム・アワードで「作品賞」、「脚本賞」、「音響賞」の3部門を受賞、アカデミー賞の行方を占う前哨戦として注目されるゴールデングローブ賞でも、監督賞:デヴィッド・フィンチャー、主演女優賞(ドラマ部門):ロザムンド・パイク、脚本賞:ギリアン・フリン、作曲賞:トレント・レズナー、アッティカ・ロスの4部門でノミネートされ、更に注目が集まっています。


既にこの映画をご覧になった方。とにかく「エイミーすごすぎる!」と、彼女の存在感に恐れおののいたはず。エイミーを演じたロザムンド・パイクはゴールデングローブ賞の主演女優賞ノミネートだけでなく、オンライン映画批評家協会賞で主演女優賞を受賞、フェニックス映画批評家協会賞(現地時間12/16発表)、アメリカ映画俳優組合賞(現地時間1/25発表)、サテライト賞(現地時間2/15発表)のそれぞれ主演女優賞にノミネートされており、「ロザムンド・パイクは本作に初登場した瞬間からスターとしての存在感」、「パイクは完ぺきに演じ切った」、「パイクが見事に熱い血と冷血を混ぜあわせている」とメディアからの評価も高く、オスカー最有力の呼び声も。

そんなパイクを抜擢したフィンチャー監督は、起用理由を「一人っ子だったから」と明かしています。実は、当初、映画化権を所有している女優のリース・ウィザースプーン自らエイミー役を演じるつもりでいたそう。しかし、フィンチャーが監督として名乗りを上げ、ウィザースプーンがエイミー役を演じることに難色を示した。そこで、フィンチャーが思い描く映画化についての説明に納得したウィザースプーンは、何よりプロデューサーの観点から、こんなに素晴らしい原作と監督のマッチングはないと判断し、プロデューサーとしての職務を全うすることに専念したのです。

フィンチャーは彼女について「いつもは俳優を見た時、本能的に、どんな能力を持っているのかすぐに分かるんだけど、ロザムンドは4、5本の映画で彼女を見ても、どんな人なのかどうしても分からなかったんだ。どこか不透明な部分があってそこが面白いと思った」とコメント。

「実際に会ってみて、彼女に『兄弟はいるの?』って聞いたら、『一人っ子』だと言った時、突然理解できたような気がしたんだ。一人っ子だと、社交性を密封してしまう。だから、エイミーはそういう人でなくてはいけないと思ったんだよね」と話しています。

『ゴーン・ガール』
大ヒット公開中!
20世紀フォックス映画 配給
(C)2014 Twentieth Century Fox
http://www.foxmovies-jp.com/gone-girl/

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP