ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

宗教本のまとめ買いに書店員喜ぶ 「幸福さん」と呼ぶ店も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 新刊が毎月数千点出るなかで、常にベストセラーとなる『人間革命』シリーズ(池田大作著、聖教新聞社)や、話題の人物が取り上げられている「公開霊言」シリーズ(大川隆法著、幸福の科学出版)など、どうしても目につく宗教本。“意外”な実情とは……?

 宗教本ベストセラーの秘密を、3人の書店員が座談会で暴露する。

●座談会参加者
Aさん/大手チェーン店本部担当(男性)
Bさん/大手チェーン店ビジネス街の店舗勤務(女性)
Cさん/中堅チェーン店郊外スーパー内店舗勤務(男性)

 * * *
Aさん:宗教法人系出版社の“宗教本”は数多いけれど、どの店舗でも、“売れる”のは新宗教系の本。『新・人間革命(25)』(池田大作著)は2013年の年間ベストセラー総合6位、『未来の法 新たなる地球世紀へ』(大川隆法著)は同11位(ともにトーハン調べ)と上位をキープしている。

Bさん:私はビジネス街にある店勤務だけれど、幸福の科学出版の単行本は、刊行スピードも速いし、たくさん入荷してきている印象。

Aさん:元衆議院議長の土井たか子さんが亡くなったとわかったすぐ後に、“ご霊言”シリーズ(幸福の科学出版)が出て驚いた。時事ネタへの対応スピードは、書店員として棚作りの参考にしたい(笑)。

Cさん:(創価)学会さん関係本は、郊外や地方のお店にも行き渡っている印象です。うちの小規模店舗でも、取り扱ってますから。

Aさん:選挙とのからみが大きいと思う。幸福実現党(幸福の科学が支持母体)は国政選挙メインでしょう。だから、大型書店で売れていることをアピールするためチェーン店の都市部店舗に置かれることが多い。

Bさん:公明党(創価学会が支持母体)の場合、市区町村の議員さんも多いから、地域に根付いた書店さんにも置かれている。

Cさん:やっぱり、まとめ買いが多いですよね?

Bさん:基本は信者さんが買われるから。何十冊とか単位もザラで、正直ありがたい。「今月は、リバさんたち(雑誌『The Liberty』〔幸福の科学出版〕から)がたくさんいらっしゃって、(売り上げが)助かった!」みたいな。

Aさん:うちは「幸福さん」と呼んでる(笑)。

Bさん:ネット書店より実店舗を重視しているのか、取り扱いがない店舗の場合でも、リバさんが書店に多量に注文してくださったりする場合もある。

Aさん:ただ、新宗教関係の本は、クレームもよく受ける。

Cさん:何て言ってですか?

Aさん:例えば「今週のベストセラーランキング」コーナーを店舗で展開すると、どうしても彼らの本が、上位に入ってくるわけ。それを見たお客様から、「ああいう(特定の宗教)本を入れるとはけしからん」とお叱りを受けたりね。

Bさん:そういう場合はなんて説明するの?

Aさん:「あくまで、実際の販売数で集計したランキングです」とそのままをお答えする。逆に、売れているのに特定の本だけ抜かすのも恣意的で変でしょう。

※SAPIO2015年1月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
幸福の科学学園“東大プロジェクト”で合格者数に注目集まる
大川隆法氏 守護霊降臨で年間52冊出版はギネス記録認定
幸福の科学 「維新の会に働きかけたとの情報は事実ではない」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP