ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ネオ・バロック様式の日銀本店本館 重文指定で一般見学可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本経済の命運を握る日本銀行。隅田川に架かる永代橋近くに1882年に開業したが、富国強兵、殖産興業を推し進めるにふさわしいスケールが必要だとして、江戸幕府の貨幣鋳造直轄地「金座」があった日本橋に新たに建設されることになった。

「日本初の建築家」の一人として知られる辰野金吾は、設計のために欧米で1年余り銀行建築を視察した。

 地上3階、地下1階の建物は中庭を囲んで「コの字型」に配置され、入り口に障壁が造られるなど、さながら砦のよう。外観は“辰野式”と異なり、全体を石で覆い威厳が演出された。建築様式は、正面と左右に柱を配したバロック様式に、窓を規則正しく並べたルネサンス様式を加えた「ネオ・バロック様式」。

 日本で2番目のエレベーターや水洗式トイレなど、当時の最新設備も導入された。1974年に国の重要文化財となり、現在は一般見学が可能。

撮影■太田真三

※週刊ポスト2014年12月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
京都出身の建築史家が京都の優れた洋館を写真付で紹介した本
崇教真光 工事費300億円をかけて1984年完成の世界総本山
開業100周年の東京駅 「日本初の建築家」辰野金吾の集大成

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP