ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

OPPO Martが「Meizu MX4 Pro」の販売を開始、日本直送にも対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本への直送にも対応している中国の携帯ショップ OPPO Mart で、中国の端末メーカー 魅族(Meizu)が 11 月 19 日に発表した、5.5 インチ 2K ディスプレイ搭載の Android スマートフォン「Meizu MX4 Pro」の販売を開始しました。Meizu MX4 Pro は、今年 9 月に発売された「Meizu MX4」から画面サイズを拡大し、プロセッサには Exynos 5430 オクタコア、RAM は 3GB と、内部仕様を強化されています。Meizu MX4 は 2014 年のフラッグシップとして販売されているのですが、内容的には Meizu MX4 Pro が真のフラッグシップと言えます。ディスプレイは 5.5 インチ 2,560 × 1,536 ピクセルの IPS 液晶を採用し、ベゼル幅 2.8mm の狭額縁設計です。前面下部のホームボタンはタッチ式の指紋リーダーを内蔵しており、Meizu の認証機能「mTouch」と Alipay ベースの独自決済サービス「mPay」に対応しています。指紋リーダーは指を置くだけで読み取る iPhone の Touch ID と同じ仕組みで、スワイプ方式ではありません。Meizu MX4 Pro のカラバリはグレー、シルバー、ゴールドの 3 色で、ROM が 16GB / 32GB / 64GB の合計 9 モデルとなりますが、現在 OPPO Mart では 16GB と 32GB ROM のグレーカラーの 2 モデルのみが販売されています。価格は、16GB が $549(約 66,000 円)で、32GB が $599(約 72,500 円)です。日本に輸入する場合は更に消費税(~ 8%)分が加算されます。対応周波数については、OPPO Mart の商品ページに W-CDMA 2100MHz と FDD-LTE 1800 / 2100MHz に対応していると記載されているので、日本でも使用できるでしょう。ただし、OPPO Mart は誤記載が多いため、輸入する場合は事前に対応するモバイルネットワークの問い合わせをするなど、十分注意が必要です。Source : OPPOMART


(juggly.cn)記事関連リンク
Huawei、背面ツインカメラでカメラ性能を高めた新型スマートフォン「Honor 6 Plus」を発表、価格は1,999元~
Android 5.0.1版Android Wearではコンパニオンアプリからスクリーンショットを撮影可能
小米科技(Xiaomi)は2015年に今よりもさらに安いサブ500元スマートフォンを発売する計画らしい

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP