ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小米科技(Xiaomi)は2015年に今よりもさらに安いサブ500元スマートフォンを発売する計画らしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォンは超低価格でもきっちりと収益を上げている小米科技(Xiaomi)が来年には今までの同社製スマートフォンよりもさらに安いサブ 500 元未満(約 9,500 円未満)のスマートフォンを発売すると台湾メディアの DigiTimes がいつものサプライチェーンからの話として報じました。Xiaomi 製で最も安いスマートフォンは Redmi 1S の 699 元。セールではこの 4G モデルが 599 元で販売されたこともありました。Redmi 1S は HD ディスプレイや Snapdragon 400 プロセッサ、800 万画素カメラなどを備えた他社で言うところのミッドレンジクラスの機種です。同サイトによると、Xiaomi はスマートフォンのディスプレイで、ハイエンドモデルにはシャープ製と JDI 製を、ミッドレンジモデルには AU Optics 製を採用している中、新たに中国のパネルメーカー BOE Technology をサプライヤーに追加したとしており、エントリーモデルでは BOE 製が広く採用されるとの見通しを示しました。これでサブ 500 元が実現できるということなのでしょう。今のところ、噂されているサブ 500 元スマートフォンの詳細は不明なのですが、スペック的には Redmi 1S と同等を少なくとも維持してくると予想されます。Source : Digitimes


(juggly.cn)記事関連リンク
Android 5.0.1版Android Wearではコンパニオンアプリからスクリーンショットを撮影可能
Sony Mobile、様々なシーンに適した撮影方法を指南する「Xperia Photo Academy」をFacebookで開校
LINE、スマートフォン向け決済・送金サービス「LINE Pay」を提供開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP