体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

草間彌生やマリメッコも!“泊まれるアート作品”が期間延長

生活・趣味
hotelhorizontal-4

愛媛県松山市の温泉街、道後で開催されているアートフェスティバル「道後オンセナート(DOGO ONSENART) 2014」。

その中のプログラムとして注目を集めているのが、道後地区の9つのホテルや旅館の客室を有名アーティストが演出した“泊まれるアート作品”「HOTEL HORIZONTAL(ホテル ホリゾンタル)」だ。

hotelhorizontal-1

“アラーキー”こと荒木経惟や、ファッションモデルのKIKIなど、第一線で活躍するアーティストが創り出す空間は、訪れる人たちの感性を刺激する。

hotelhorizontal-3

当初2015年1月12日(月)までの予定であったが、草間彌生、石本藤雄、ジャン=リュック・ヴィルムート、谷尻誠、葉山有樹、皆川明が手掛けた作品の展示の延長が決定した。

水玉と網目を用いた幻想的な絵画を制作する草間彌生は、宝荘ホテルにその世界観を表現。

往年の作品から新作までが一堂に会し、彼女の魂の記憶を辿る、特別な時間を味わえる。

hotelhorizontal-7

フィンランドの代表的ファブリックブランド「marimekko」のデザイナーとしても活躍した石本藤雄は、「茶玻瑠」とコラボレーション。

当時のデザインで作 られたリネンなどで、和洋を軽やかに融合させたオリジナルルームを創りあげた。

hotelhorizontal-2

ファッションブランド「minä perhonen(ミナ ペルホネン)」のデザイナーである皆川明は、11層吹き抜けアトリウムのお洒落な宿「花ゆづき」とコラボレーション。

縁のない真四角な琉球畳で全ての面が覆われた、天井も床も壁も、上下も左右もないような無限に広がる不思議な空間だ。

1 2次のページ
生活・趣味
ISUTAの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会