ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホ用小型フラッシュPowerLiteはバッテリー、シャッターリモコンにもなる!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォンユーザーは、スマホで写真やビデオを撮影することが多いだろう。そしてもし、夜間や暗いところで撮影することが多いなら、このほどKickstarterに登場した 小型のフラッシュPowerLiteを一緒に持ち歩くと便利かもしれない。

◼光の強弱はアプリで調整

PowerLiteは5.4センチ四方の四角形をしていて、オンにすると40ワットの電球に相当するライトがつく。端末でそのまま撮影すると全体的に暗くなったり、光が飛んでしまったりする場合でも、PowerLiteを使うとよりシャープにそして自然な仕上がりになる。

ライトはLEDを使用していて、光の強弱はアプリ(iOS、Android)で調整できるというのも便利だ。

◼スマホ迷子防止機能も

また、このPowerLiteにはフラッシュ以外の機能が3つある。1つは、外付けバッテリーとしての機能。PowerLiteにはケーブルが備わっているので、端末の電池がピンチになったとき、外出先でもPowerLiteから充電できる。

さらに、スマホとPowerLiteはワイヤレスで連携するので、PowerLiteをスマホのシャッターボタンとしても使える。シャッターボタンを頼む人が周りにいないとき、あるいは自分撮りするとき、リモコンとして活躍する。

もう1つの機能が、スマホの迷子防止。PowerLiteのボタンを押すとスマホから音が出るので、部屋や車の中でスマホが見つからない、というときに容易に見つけられる。

1つに4つの機能があるこのPowerLite、バッテリー容量が異なる2タイプが用意されている。容量が小さいPowerLite SlimでもiPhone 5であれば通話3時間分のバッテリーが賄える。

Kickstarterでのキャンペーンは1月21日まで。特別プライスとして、FacebookなどのSNSでシェアした人には5オーストラリアドル(約490円)の出資で提供し、世界中どこにでも発送してくれる。

PowerLite/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP