ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

古民家風の隠れ家で味わう店主こだわりの手打ちそばに、武田修宏とタカアンドトシが舌鼓

DATE:
  • ガジェット通信を≫

12月13日放送の「ぶらぶらサタデー」(フジテレビ系、毎週土曜午後0時)では、「タカトシ温水の路線バスの旅 奥武蔵の高級ゆず」と題し、俳優の温水洋一さん、お笑いコンビ「タカアンドトシ」のタカさんとトシさん、タレントの武田修宏さんが「手打蕎麦 雲水」(東京都青梅市)を訪れた。

 同店は開業25年のヒノキ造りの古民家風蕎麦店。店主によると、家族で床を張ったり塗ったりして造ったのだという。武田さんが店主におすすめを尋ねると、「もり蕎麦」と返答。さらにタカさんが「海老天(の入ったそば)の温かいのはできるんですか?」と尋ねると、店主は「申し訳ないけれど、ウチは一年中冷たいそばで」とこだわりを覗かせた。武田さんは「もり蕎麦」(650円 税込み)、温水さんとトシさんは「鴨汁蕎麦」(900円 税込み)、タカさんは「海老天もり蕎麦」(1100円 税込み)を注文した。

 そばを一口啜った武田さんは「ちょうどいい軟らかさでコシがありますね」とコメント。トシさんも「うん。でもちゃんと歯ごたえもあって」と頷き、タカさんは「うまっ。これはうまい」と目を丸くした。タカさんのナスの天ぷらをつまんだ武田さんは「揚げたてのナス(がおいしい)」と喜び、タカさんは「野菜(の天ぷら)がおいしい」と同意した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:手打蕎麦 雲水(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:青梅・小作のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:青梅・小作×和食のお店一覧
クミンの香りがたまらない逸品! 下北沢で味わえる「四川風鶏の唐揚げ」
さんしょうの香りとしびれる辛さで魅了するジューシーな「四川風鶏の唐揚げ」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP