ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

木久蔵おすすめ! 煮干しと鶏パイタンの濃厚ダブルスープが新しい「特製煮干しそば」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

12月14日放送の「ドラGO!」(テレビ東京系、毎週日曜午後6時)では「日光麺街道ドライブ」と題し、落語家の林家たい平さん、林家木久蔵さん、プロフィギュアスケーターの澤山璃奈さんが「麺屋 音」(東京都足立区)を訪れた。

 北千住の商店街「宿場町通り」に開店して1年ほどのラーメン店。自慢は、煮干しと鶏パイタンのダブルスープ。一行は「特製煮干しそば」を注文。厳選したカタクチイワシの煮干しを丸ごと使い中火で3時間だしを取った煮干しスープと、鶏ガラ、ゲンコツ、豚足、モミジなどを長時間煮た濃厚鶏パイタンをブレンド。さらにしょうゆだれに煮干しの粉も加える。麺はスープによく絡む硬めの麺に仕上げる。

 スープを口にした澤山さんは「うわー、煮干しすごい! びっくりした、今。初めてだったから! おいしい!」と大興奮。「そんなに驚かなくても…」と話したたい平さんも「うん! 煮干し!」と驚いた様子で「煮干しと鶏のパイタンを足すことによって、もっと七色の味が出てきますね」と評した。木久蔵さんも「舌がうまみでコーティングされますね」とコメント。一行は新感覚のラーメンを堪能した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:麺屋 音(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:北千住のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:ラーメン・つけ麺のお店紹介
ぐるなび検索:北千住×ラーメン・つけ麺のお店一覧
クミンの香りがたまらない逸品! 下北沢で味わえる「四川風鶏の唐揚げ」
さんしょうの香りとしびれる辛さで魅了するジューシーな「四川風鶏の唐揚げ」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP