ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

肉の達人も大絶賛! 梅山豚やジビエ料理が楽しめるビストロ店

DATE:
  • ガジェット通信を≫

12月13日放送の「王様のブランチ」(TBS系、毎週土曜午前9時30分)の、「肉の達人」のコーナーで、ライターの小寺慶子さん、アナウンサーの笹川友里さんが「SHUNGOURMAND(シュングルマン)」(東京都中央区)を訪れた。

 八丁堀に今年の5月にオープンした同店は、有名ホテルで修行を積んだシェフが全国各地から厳選した肉をフレンチやイタリアンに調理して提供している。イチオシのメニューは「伝統のヤキニク祭DX」で、杉の切り株を皿にし、牛、豚、鶏とさまざまな種類が並んでいるぜいたくな一品。なかでも小寺さんが注目するのは、年間国内生産数100頭という「梅山豚」で、肉質がやわらかく肉汁が非常に多いのが特徴だ。笹川さんは一口味わうと、「脂身の甘みがおいしい」とコメント。おいしさの秘密は250度のオーブンで表面を焼いた後、150度のオーブンでじっくり焼き上げる「2度焼き」にあるという。小寺さんも「(脂身が)全然くどくなくてキレがいい。脂のうまさは梅山豚ならではかなと思う」と評した。

また同店では、イノシシやシカなど狩猟で調達したジビエ料理も人気で、野生動物が栄養を蓄える秋から冬にかけてが旬だという。小寺さんオススメは、「ジビエのパイ包み焼き」で、パイの中身はイノシシ、山ウズラ、森バトの肉を使用しており、フォアグラも入っている。笹川さんはナイフを入れ、「肉汁があふれ出てきた! すごいですね~!」と驚きの表情を見せた。そして一口食し、「クセがない。やみつきになるような味ですね」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:SHUNGOURMAND(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:八丁堀のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:イタリアン・フレンチのお店紹介
ぐるなび検索:八丁堀×イタリアン・フレンチのお店一覧
クミンの香りがたまらない逸品! 下北沢で味わえる「四川風鶏の唐揚げ」
さんしょうの香りとしびれる辛さで魅了するジューシーな「四川風鶏の唐揚げ」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。