ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

住まい探し「家賃と間取り」以外で確認すべき4つのポイント

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 新しい住まいを探したり、引っ越しをする時には、物件探しや荷造りといった大変さがあっても、新たな生活にワクワクする気持ちの方が大きい……という人が、多いのではないだろうか? しかし、不動産・住宅情報サイト『HOME’S』を運営するネクストが行なった「『住まい』に関する意識調査」(実家以外への住み替え経験が1回以上ある20~39歳の男女824名対象)によると、「あなたは現在、自分の理想とする住まいに住めていますか?」という質問に「はい」と回答したのは34.3%。“理想の住まいに暮らしている”のは、約3人に1人という結果となった。

 反対に「今のお住まいに不満はありますか?」との質問には、過半数の51.1%が「不満がある」と回答。具体的な理由としては、「騒音」(26.6%)、「広さ」(25.4%)、「設備」(22.1%)、「収納」(20.7%)、「間取り」(19.5%)が上位を占める。なぜ多くの人が、自分が選んだ住まいに対して不満をもっているのか? その原因について、不動産相談を専門に行なっている不動産サポートオフィスの代表コンサルタント・秋津智幸さんはこう分析する。

「私の経験上、住まい探しをする際に『家賃』と『間取り』を重視するという人が80%。その反面、この2つに重点を置きすぎるあまり、それ以外の大切なポイントをないがしろにしてしまい、住み始めてから“想像もしていなかった不満”に悩まされるようです」

 同調査でも、「住まい探しで重視した条件」の圧倒的な1位は「家賃」(75.8%)、次いで「間取り」(45.4%)、「通勤・通学時間」(27.7%)となっている。しかし、2位に「間取り」がランクインしているのに、不満の理由にも「間取り」が入るのは、なぜなのだろうか?

「それは実際のライフスタイルと選ぶ際に良いと思った間取りが、合っていないからですね。どんなに収納スペースがあっても、持ち物がそこに収まりきらなければ、居室部分にたんすや衣装ケースを置くことになります。その結果、思っていたより『広さがたりない』『間取りが悪い』と嘆くケースが多々あるんです」(秋津さん)

 とりわけ単身者向けのマンションでは、居室部分にはゆとりがあっても、「キッチン設備がもの足りない」「風呂に給湯システムがない」「バス・トイレ・洗面所が一緒の3点ユニットで狭い」など、居室以外のスペースや設備が削られることも多い。また、占有スペースだけに目を向けすぎ、建物周辺の環境について確認することを忘れがち――といった人も少なくない。

 こうした入居後の不満をなくすため、「住まい探しの段階でやるべき4つの行動がある」と秋津さんは語る。

【1】窓を閉め切った状態で、物音を聞く
「特に木造住宅では壁の厚さによって、音の聞こえ具合がかなり変わります。窓を閉めて、じっと静かにして就寝中に近い状態にすると、上や両隣の部屋、周辺の道路や近所の学校・商店などから、どれくらいの物音が聞こえるか、ある程度イメージできます」

【2】窓を開けて、周囲の家との目線が合わないかどうかを確認する
「周りの家と目線が合うと、プライバシーの問題だけでなく、防犯上のリスクにも。女性の1人暮らしではカーテンが開けられない――といったことに、なりかねません。部屋の中からだけでなく、ベランダに出て周囲をしっかり見回しましょう」

【3】2回以上チェックしてから決める
「午前中と夕方、平日と休日など、時間帯をずらして最低2回は行ってみること。また、不動産会社に案内された道以外も通って、周辺の環境も見ておきましょう。女性なら夕暮れ以降に行ってみて、夜間でも安全に歩けるかなども確認をオススメします」

【4】家族で住むなら、子供目線でのチェックも
「幹線道路から離れていても、抜け道になっていると、時間によって交通量が激増します。また、川などの危険な場所がないか、小児科や耳鼻咽喉科など、子供にとって必要な医療機関があるのかなども調べましょう。自治体ごとに子供の医療費や学費も違うので、公的なサービスもチェックした方がいいですね」

 昨今は、不動産会社へ足を運ぶ前に、インターネットを利用して住まい探しをする人がほとんど。そこで秋津さんに、物件探しにはどんなサイトを選べば良いのか、また活用法についても教えてもらった。

「住まい探しの第一歩としては、ポータルサイトなどが運営しているサイトで、家賃相場やざっくりとしたエリア情報を調べても良いでしょう。ただし、具体的な物件を探すなら、不動産会社が情報をダイレクトに掲載している住宅情報の専門サイトを利用すること。そういったサイトは、掲載物件数が桁違いに多いですし、情報が新しく、ユーザーに必要なポイントがわかりやすい上、判断材料になる情報が、正確で過不足なく書かれています。

 また、探す時にとても便利なのは、“あいまい検索”ができるサイト。例えば『HOME’S』の場合、『フリーワード検索』という機能があり、住みたい場所や希望の条件を自分の言葉で入力できます。具体例としては、『新宿まで30分』などのあいまいな条件を入れて検索すると、選択の幅が広がります。自分では想定していなかったエリアが、実はライフスタイルに合っていたというケースもありますよ」(秋津さん)

 フリーワード検索を使うと、「これだけは外せない」といったこだわりの条件や、「こんな住まいがいいな」という漠然としたイメージで探すことも可能だ。

「引っ越しのピークは1月中旬から3月いっぱい。この時期は空き物件が出ても1日で埋まってしまうこともありますから、住まい探しをするなら、年末年始の休みを使って、不動産情報サイトなどで情報をしっかり集めておきましょう。希望のエリアを絞れていたら、実際に歩いて、周辺環境をリサーチするのもいいですね。

 2~3月になると家賃も引っ越し費用も高くなりますが、1月中ならまだ余裕がありますし、理想の住まいを見つけたいならピーク時期になる前、今すぐ物件チェックを始めると良いですよ」(秋津さん)


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
賃貸付住宅が人気 都市部でも3、4階建て建て易くなったため
「ヘンな間取り図」生まれる理由を不動産業者・設計士明かす
「簡単なクリック作業だけで高収入内職」の広告に潜むワナ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP