ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CAの平均年収10年間で100万減 儲かる秘密のバイトが存在

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 10年前に比べて給料は2割ダウン。しかも、厳しい経営状況のなかで仕事量が増えている。いまやCA(キャビン・アテンダント)は、体力仕事なのに稼げない仕事となった。とはいえ、今でも「才色兼備のあこがれの存在」であることは変わらない。自分たちのブランド価値を知る彼女たちは上空3万フィートで笑顔を武器に男たちを虜にしている──。

 CAが高給取りで、「30歳で年収1000万円」といわれていたのは20年以上も前の話。いまでは働き盛りの20代CAたちは、「仕事がハードなのに給料が安すぎる。割に合わない」と愚痴をこぼし合っているのだとか。

 厚労省の「賃金構造基本統計調査」によると、2004年の25~29歳のCAの平均年収は約498万円だったが、2013年は約391万円。10年間で100万円以上も減少した。

 若手CAたちがバイト話に関心を持つのは、彼女たちの寂しい懐事情からのことだろう。

「稼げないなら、バイトするしかないですよね。業務に支障を来さない範囲で効率よく稼ぐには文字通り“一肌脱ぐ”のが手っ取り早いし、実際にそうしている子もいます」(A子)

 待遇面で不満を抱く若手CAたちは今、社内外で“バイト”に励んでいる。実際に、国内外の航空会社に勤務するCAたちの生の声を聞いてみよう。

 深田恭子に似たおっとり系美人のA子(30)の話は衝撃的だ。

「フライト前には、キャプテン(機長)とコーパイ(副操縦士)を前にCAたちが並んで、本日のフライトの注意点などの説明を受けるブリーフィング(状況説明)があるんです。私たちCAはメモを取るのに忙しいので、お互いの動作は目に入らない。

 それをいいことに、キャプテンやコーパイの目を見ながら、4本の指で肩のゴミを落とすフリをしたり、4本の指で鼻をかく仕草をしてサインを送るんです。どういう意味だと思います? これは“今晩、ステイ先で4万円でどうですか?”というサインなんです」

 にわかに信じがたい話だが、実際に彼女はこの手法で20人以上のパイロットと関係を持った。そしてステイ先のホテルで彼らに体を許し、“バイト料”を受け取ったという。

「相手が飛行機から降りるタイミングを合わせて来たらOKの合図ですね。そのときに電話番号の書いてある紙を渡されることが多いかな。とくに狙い目が国内線の中・小型機が飛ぶような地方ステイ。宿泊施設自体が少ないのでパイロットとCAが同じホテルになる確率が高く、遊ぶ場所も少ないのでホテルに籠もっていても不審に思われない。室内で2人で過ごしてもバレにくいんです。

 私なんてまだおとなしいほうですよ。羽田空港には巨大なCAのロッカールームがあるんですが、みんなでバイトの結果報告をし合っています。この前、大きな声で“3日もステイしたのに2人だけ。6万円しか稼げなかった”とかこぼしていた子がいました」(A子)

※週刊ポスト2014年12月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
年間貯金額 「できなかった」の14%合わせ20万円以下が43%
美人芸人みほ “仙人”から500ml・3000円の水購入の過去
胸の形強調されるパイスラ女子 「考えた事なかった」と絶句

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP