ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ウインカーやナビも搭載!サイクリスト必携のスマートデバイスとは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

手軽でエコで、健康にも良い交通手段と言えば、自転車。

最近は自転車専用道路ができるなど安全性も高まりつつあるが、それでもやっぱり交通量の多い車道を走るのは危険。

その自転車の安全性を高めてくれるデバイス「COBI」が、Kickstarterで注目を集めている。

ハンドルバーの間にセットしたスマートフォンで操作する、このデバイス。

まず安全面から見てみると、夜間自動点灯式のフロントライトとバックライトが付いている。

また、手元のコントローラーでウインカー表示もできるほか、ブレーキランプも付くので、交通量の多い道路では重宝しそう。

さらに、目的地までスムーズに移動できるナビゲーション・システムが稼働するのはもちろん、走行中に音楽を聴いたり、充電することも可能。

天気や走行距離、消費カロリーの表示までできるというから驚きだ。

セキュリティシステムを稼働させれば、自転車が盗難にあったときもアラームで教えてくれる。

そうしたこともあって、すでに目標額10万ドル(約1190万円)の2倍以上の資金を集めているのだ。

現在出資可能な枠は、115ドル(約1万3700円)など。

スポーツバイクだけでなく、いわゆるママチャリにも搭載できるのが嬉しい。

自転車愛好家の人は、ぜひチェックしてみて。

Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/cobi/cobi-worlds-smartest-connected-biking-system
COBI
http://www.cobi.bike/

自転車(まとめ)
Kickstarter(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。